シェイプアップに成功しても、それを維持し続けなくてはあまり意味があるとは言えないでしょう。ここでは、普段の生活に役立つコツを特集しています。
このページで紹介するコツは、どれも難しくありません。普段の生活に取り入れて、ぜひ、シェイプアップに励んでください。

生活習慣を攻める

ちょっとした生活習慣を見直すだけで、筋トレ効果は倍増します。

知識系

COVID-19
新型コロナウィルスと筋トレ・ジム利用の注意点

新型コロナウィルスが流行してきました。この傾向はしばらく続くと考えられ、現在のところデマ情報も多く、得体の知れないウイルスなので、用心するのが無難です。 本ページはこんな方におすすめ ジムでウイルスに ...

ジム
ジムでやってしまう初心者エラー5つ

ジムに通い始めて、やってしまう初心者エラーを5つばかり紹介します。意外と知らず知らずやってしまって、密かにまわりからひんしゅくを買っていることがありますので、注意です。 本ページはこんな方におすすめ ...

オーバートレーニングの兆候を8つ

真面目な人におこりがちなオーバートレーニング、日本人の精神で鍛錬していればある程度は試練だと受け入れがちです。ところが、ダイエット、ボディメイクをメインに考えている方は、オーバートレーニングはデメリッ ...

男性必見!腹太りの原因、まず内臓脂肪に対処する

お腹の出っ張りが気になる老若男女は、古今東西を問わず一向に減りません。 顔や腕、脚には少ししか脂肪がついていないのに、なぜお腹周りの脂肪はこんなに多いのかと悩む方も特に男性は、是非読んでください、でき ...

ナマケモノ
ナマケモノにはありがたい“超回復”を活用する

まじめな方は、毎日トレーニングを行って筋力アップ、健康維持のようなルールを自分で決めて実行してしまうのですが、筋トレに限っていえば、上手く怠けることが大切です。連続して身体を酷使すれば、身体は傷むだけ ...

basis
シェイプアップ効果を出すためのトレーニングの4原則+α

トレーニングには分類の仕方や種目によりいくつかの原理、原則が語られるのですが、ここでは昔からある「トレーニングの4原則」について触れてみたいと思います。4原則をさらに拡張した(実質7原則あるいは3原理 ...

ジムでの服装に気をつけるべきこと

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

技術系

ジャンプ
運動神経をよくする筋トレの心得は?

このページの「運動神経」という言葉は「あの人運動神経がいい」などと使われる一般的な意味で使用しています。神経そのものを筋トレで発達させるような趣旨のページではなく、身体能力を高め自分の運動神経をうまく ...

筋トレのインターバルはどうするか

本ページはこんな方におすすめ 筋トレのセット間の休み加減がよくわからない しっかり休んで次のセットをこなす、回復を待たずに次のセットをこなすのとどちらがいい? 筋トレを初めてしばらくすると、各種目のセ ...

筋肥大のためのメンタルセットとそのコツは?

筋肥大を効率よく行うためには、よくいわれるように普段より少しばかり大きめの負荷を筋肉にかけてトレーニングを行います。このことは、中・高等学校の保健体育でも習ったことがあると思いますが、実践する際にはい ...

セット間のインターバルについて考える

筋トレで、筋肥大を効率よくするためにはインターバルをどれくらいとればいいのか悩むことがあります。筋肥大とは筋タンパク質の合成作用を高めるということですが、このインターバルは短すぎると苦しくなり、長すぎ ...

食事系

間食
好きに食べて太らないコツを伝授!

好きな食べ物を食べて太らなければ、ストレスもなく筋トレも励みになるものです。 ところが、現実にはそうはいきません。 このページではどのようにして、太りにくい体質を手に入れるかを考えてみたいと思います。 ...

HMB
HMB はプロテインの代わりになるの?

ここ数年よく見かける、流行っている HMB について見ていきます。プロテインの何十倍の効果をうたう HMB ですが、どういうことなのか、HMB を摂取しないと筋トレの効果が期待できないのかチェックして ...

特集記事
punch
選択と集中で極める筋トレ

お尻や背中など特定の部位を選択的にシェイプアップするために役に立つ記事です。

特集記事
woman abs
腹筋を魅せる

腹筋に効かせるためのエクササイズ特集です。始めやすいものから試してみましょう。

続きを見る

関連記事
女性後ろ姿
お尻のスタイル強化

下半身のスタイルアップで、特に重要なのはなんといってもお尻です。お尻にターゲットを絞ったエクササイズの特集です。

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事

デッドリフト 1

本ページはこんな方におすすめ デッドリフトの動作で膝がつま先より前に出すぎる スクワットの動作で膝がつま先より前に出すぎる 筋トレ(重いものを引き上げるトレーニング)すると腰が痛くなる 脚に棒のように ...

woman abs 2

腹筋に効かせるためのエクササイズ特集です。始めやすいものから試してみましょう。

3

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝が向上し、シ ...

ヒップアップ 4

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

女性のお腹まわりの脂肪 5

体脂肪率を知りたい人は多いと思います。知って、毎日に必要なカロリー計算に生かしたいなど、少しでも数値的な目標がほしいことは当然あります。しかし、実のところ正確な体脂肪率を知るためには解剖して調べるほか ...

6

股関節がらみの筋トレを行う際に、基本の動きとしてマスターしておかなければならないのが、ヒップヒンジです。この基本動作をおろそかにしていたり、マスターしていない方は本格的に筋トレを始めた際、腰を痛めてし ...

腹筋 7

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない ...

8

自重ヒップリフトだと負荷が足らないと感じるようになったり、デニムの後ろ姿で他者を魅了するほどのお尻まわりを作り上げるには、やはりウエイトトレーニングを行う必要が出てきます。女子でも、本気でお尻のシェイ ...

punch 9

お尻や背中など特定の部位を選択的にシェイプアップするために役に立つ記事です。

バーベル 10

BIG3(スクワット、デッドリフトとベンチプレス)についての記事を集めました。気になる記事から読んでいただけると幸いです。

2020年10月16日

© 2021 筋トレックス