ジム

ジムでやってしまう初心者エラー5つ

ジムに通い始めて、やってしまう初心者エラーを5つばかり紹介します。意外と知らず知らずやってしまって、密かにまわりからひんしゅくを買っていることがありますので、注意です。

本ページはこんな方におすすめ

  • ジムに通い始めたばかり
  • ジムのマナーがイマイチわからない
  • ジムで悪く目立ちたくない
  • ジムで引かれないようにしたい
  • ジムでの心構えを知っておきたい

乱暴な言葉を使うなど、当たり前すぎることはこのページでは省きます。

[エラー1]使用後の器具を拭かない

  • 施設を衛生的に使えていない
  • 手洗い後の洗面器に水が飛び散っている
  • 汗を拭かない
  • ちり紙等の後始末をしない

日本国内のジムでは使用した後の器具を、タオルやウェットティッシュで拭くのがマナーです。タオルで拭くときは、あらかじめアルコール・消毒スプレーを吹き付けてから拭きましょう。この点のマナーが守れない人は、確実に嫌われますので注意して下さい。やってはならないのは、申し訳程度に拭いた真似をするのではなく、自分の後に使う人が少しでも嫌な思いをしない程度にしっかり拭いておくのが鉄則です。

ニィ
以上のルールは、海外のジムだと少しいい加減になります。消毒スプレーと雑巾程度は用意されているのが普通ですが、次に使う人が拭くというルールになっているジムも多数あります。この点は日本の一般的なジムとは違うので注意です。前に器具を使用した人が不潔に使っていたとしても、自分までその真似をして低いレベルのマナーに下げるのダメですよ。
若者はともかく、年配の方ほどこのマナーが徹底されていないと、ヒンシュクどころか軽蔑の対象にされますので要注意です。

[エラー2]使用後のウエイトを元に戻していない

ジム・ロッカー
マシンを使用した後は、ウエイトを元に戻す(ウエイトをゼロにする)ことを忘れないようにしましょう。これは、次に使う人が心地よく使えるように気を配るということです。次に使う人が男性、女性、老若男女だれでも気分良く始められるように配慮してあげましょう。
この配慮ができるユーザー(会員)が多いジムは自然と評判が高くなりますので、会員のマナーのレベルも高水準です。

ニィ
関東エリアのとあるジムを訪れたとき、ジムの清掃が徹底していることにまず気づきました。スタッフに尋ねると、お客さんが使用したら元に戻してくれるので、スタッフは後からほこりを払うくらいしかすることはないとのこと。各ユーザーが使用したあとのウエイトは、いつもデフォルトに戻されています。このジムはユーザー会員のマナーのレベルが高いため、現在入会待ちが列をなしていて、数か月は待たないと入会できないそうです。原則、ジムの快適さ、混雑をコントロールするため誰かが退会しない限り次の入会は認められないそうです。一方、その近場にある同系列のジムで、少しマナーが悪いジムの方は入会受付中でした。

[エラー3]プロテインやサプリメントを丸ごと持ってくる

トレーニング後やその最中、プロテインやサプリメントを大きな丸ごとジムに持ってきて、プロテインシェイクを作るのはNGです。当日必要な分量だけ、小分けにして持ってくるようにします。
特に、数キロ単位でパウダーを購入している方で、バックパックにそれを丸ごと詰め込んでジムに持ち込む傾向のある方は注意です。水を2リットルのペットボトルごと持ち込むのも、すこし考え直してみましょう。ベテラン勢はそれくらい(2リットル)の水をすぐに消費しますが、同時に飲み終えた後はゴミになってしまいます。わざわざ、ジムのゴミ箱を自分のゴミで満タンにしてしまうような行為には注意しましょう。

ニィ
先ほどの例に続けますが、嫌がられるのは、プロテインやBCAAなどを水と混ぜるときに、洗面台などをパウダーで汚してしまう行為です。汚しても拭けば問題ないと考えてしまいがちですが、拭くのを待っている人の身になってみると、あまりマナーとしてよいとは言えません。必要分だけをあらかじめ用意して、ジムで素早く摂取できるようにしておきましょう。

[エラー4]人に親しく話しかけてしまう

話しかける

意外ですが、人に気やすく話しかける行為は最近の多くのジムでは嫌がられる行為です。特に都会、街中のジムではアウトだといえます。街の人は自分の隙間時間を利用して、10分だけ筋トレなどという感じで利用する人が多いので、仮に少しでも話しかけられてしまうとペースが崩れてしまいます。多くの人は、話しかけられないようにイヤホンなどで、周りの雑音を消していますが、かりにそうでなくても、気軽に話しかけるのはタブーです。

ニィ
一方、外国のジムに行ってみると、それが首都圏であっても気さくに話しかけられることもあります。ただし、ヘッドホンなどで自分の世界に浸っている人には話しかけないようにするのは同じです。

[エラー5]無料ロッカーを複数個占領する

ジムが空いている時間帯など、合理的に行動してしまう人が多いものですが、無料ロッカー(荷物スペース)の複数エリアの占有は、街に行けば行くほど嫌われますのでやめるべきです。逆に無料スペース一個分で収まる荷物管理ができている人が、都会的ともいえますのでこの点は心得ておきましょう。

以上、細かいことを含めて5つのポイントを挙げましたが、常識的な人は普通にできていることです。若気の至りでついつい乱暴に器具を扱ってしまったり、迷惑行為のフォローをしなかったりすることがあるかもしれません。そんな時も、いつでも改心すれば、やり直せます。ジムでは自制できるようにトレーニングしましょう。自制できないと、本当に筋肉だけの馬鹿になってしまいます。

関連記事
ジムでの服装に気をつけるべきこと

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-ジム, 初心者
-,

© 2020 筋トレックス