バーベル・フルスクワット

初心者こそフルスクワットの意味は?

トレーニング初心者にこそ有効とされるスクワット運動ですが、筋トレをはじめて、スクワットを行うようになったけれど、トレーニング効果云々の前に膝が痛くなるだけという方は、是非読んでください。本稿ではスポーツ競技目的より、シェイプアップ目的に力点を置いて書いています。

本ページはこんな方におすすめ

  • スクワットをやると膝が痛くなる
  • スクワットは嫌い
  • スクワットをすると脚が太くなる
  • スクワットすると腰が痛い

脚が太くなるスクワットとは何なのか

スクワットは下半身を鍛える種目と認識されていますが、この認識の中身はさまざまです。バランスよく鍛えられる種目、多関節種目など様々な表現がされるスクワットですが、初心者が認識すべきスクワットは「脚部だけを鍛える種目ではない」ということです。
脚部への負荷を意識しがちなスクワットですが、実際には臀部、腰回り、そして何より腹筋群にも効く種目です。

ここから、なぜ脚部ばかりに聞いてしまうのかを見ていきましょう。脚部以外の筋肉をうまく運動に参加させることによって、しなやかな動物的なボディを作り上げることができます。逆に脚部だけにスクワットの効果を効かせてしまうと、彫刻のような身体になってしまい、女性にはどちらかといえば、不人気の体形になります。

しっかりしゃがむ > お尻を使う > ウエイトをコントロールする

全体にわたって注意すべきは、重心コントロールです。重心がコントロールできていないと、倒れたり、ぐらついたりしますので、できるようになるまでは余計なウエイトは持ったり担いだりしないようにします。

関連記事
シェイプアップを助ける重心調整

筋トレは見よう見まねで行っていたとしても、続けてさえいればそれなりに筋肥大します。しかし、力の入れ方やフォームが崩れてしまうと、目的の部位だけではなく、意図しない筋肉を発達させてしまい、見た目の悪い身 ...

続きを見る

アリがちな誤解を正す

初心者が、よく誤解してしまうパターンが、スクワットは苦手なので「ハーフスクワットで済ませている」といったものです。実はハーフスクワットは初心者が行うのはできる限り避けたいものです。動きが簡単で楽に見えるハーフスクワットは、荷重した場合は初心者には手に負えない危険性をはらんでいます。また、ハーフスクワット初心者ほど、ウエイトを膝関節で支えようとするため、膝を簡単に痛めてしまいます。

脚部の筋力は、男でも女でも、やせている人でも太っている人でも、思っているより強力で、膝関節を駆使すれば100キロぐらいはハーフスクワットのしゃがみ具合で難なく支えられます。ただし、これに動きを加えるとなると話は別です。ベテラン勢は、脚部の筋肉をフル動員して動くことができますが、初心者は一部の筋肉と膝関節で乗り切ろうとします。その結果、間接に負担を与え、ケガをするということが頻繁に起こります。

これを避けるには、フルスクワットをスクワット運動の大原則に据えるようにします。フルスクワットができない方は、せめてパラレルスクワットよりも深くしゃがむようにしましょう。膝をしっかり曲げてしゃがみ込んだ状態では、膝関節でウエイトを支えるようなことはできません。つまり、ハーフスクワットでは頻繁に起きる事故を激減させることができます。

また、しゃがみ深くなるスクワット(フルスクワットやパラレルよりも深くしゃがむスクワット)では、ハーフスクワットなどに比べて扱える重量は減ります。しゃがむことがポイントになりますので、負荷は軽くなるのが当然です。

初心者のスクワットは、まずしっかりしゃがむ
フルスクワットは、重量負荷よりまずしゃがみ深さを重視する
ニィ
フルスクワットを行うときは、高重量を無理に扱うことは避けましょう。あくまで、いかにしゃがむかということだけに力点を置きます。逆に高重量を扱うときは、パラレルスクワットより少しでもしゃがむことができれば大丈夫です。本当のフルスクワットのしゃがみ深さまでは、無理する必要は全くありません。

スクワットのしゃがみ深さが足りていない

スクワットは奥深い種目で、下半身のどの部位に効かせるかによって、主に脚幅、しゃがみ深さでコントロールします。脚幅は殆どの方がコントロールできますが、しゃがみ深さは気持ちと裏腹になっていることが多いです。具体的には、太ももの表面が床と平行になる程度にまで、腰を落としましょう(しゃがみましょう)。
つまり、深くしゃがんでいるつもりでも、ちょっと腰を折った、膝を曲げた程度になっていることがあります。これが、最大の問題で、初心者ほどしゃがみ込む動作をしっかり行う必要があります。しゃがみ込んだら、起き上がれない状態でも構いません。しっかりしゃがみ込むことをまずマスターしてください。

センセ
パワーリフティングのスクワットの審査基準が、自分のスクワットが果たしてスクワットといえるかどうかの一応の基準になります。腰関節が膝関節(ひざ頭)より少し下がれば、スクワットとしては成功になります。これはほぼパラレルスクワット(より1センチでも少しだけしゃがむ)と考えて問題ありません。

しゃがみ深さ不足のスクワットの原因を考える

うまくしゃがみ込めない理由の一つは、まず身体の柔軟性不足です。180度開脚などできる必要はありませんが、まっすぐにしゃがみ込める程度の柔軟性がないと、筋トレそのものがうまく長続きしません。

しゃがみ込みの柔軟性不足を解消するには

マットの上でストレッチをするまでもなく、低めの椅子(ボックス)にお尻から座る、お尻から持ち上げる動作を繰り返します。
必要なものは自分の身体と、小さな椅子だけです。椅子はしっかりとしたものではなく、ミカン箱のようなもので構いません。初心者で、柔軟性が不足している方は、ベッドに腰掛けて立ち上がる動作を、五分間名一杯やってみましょう。
身体に、どの程度までしゃがめるのかを覚えさせるために行うわけです。

階段で座る、立ち上がるを繰り返す

ベッドの高さだと、だれもが苦痛を感じずにしゃがんでは立ち上がる動作ができると思いますが、今度はしゃがむ場所を階段に変えてみます。最終的には、階段の一段分の高さまでしゃがみ込めるのが理想ですが、初心者のうちは、まず階段三段分の深さまでしゃがみ込めるように練習してください。
階段の三段目の角の部分にお尻がついたら、立ち上がるという練習を繰り返します。

スクワットの時に股関節が上手く使えていない

股関節を上手く使わずにスクワットを行うと、膝関節を前に出しながら腰を下げる動きになりがちです。この動きは、膝関節を中心として体重をかけることになりますので、膝関節のトルクが増大し、その反面股関節トルクを減少させてしまいます。言い換えると、お尻周りの負荷が膝周りに抜けるので、膝を痛めやすくなるということです。

柔軟性が不足している

負荷を落としているにもかかわらず、ハーフスクワット程度にまでしかしゃがめない方は、股関節(骨盤帯・下肢筋群)の柔軟性が不足している可能性があります。また、ケガ等が原因で可動域に制限が生じている場合は、しゃがみ深さ不足になります。
股関節や足関節の可動域を広げておくことは、歩行速度、歩幅等の歩容についてもコントロール能力が向上することにつながるので、この項目は軽く考えないようにしてください。

バランスがとれていない

スクワットの動作を通じて、身体が前後左右にぶれる場合はバランスがとれているかどうかを確認しましょう。多くの場合、フォームがおかしい、余計な筋肉に力が入っている、視線が定まっていないことが原因です。また、ダンベル、バーベル等を持ったり担いだりして行う場合は、バーの中心がズレていないかも確認しましょう。

上半身がコントロールできていない

上半身のコントロールとは、動作中に部骨のラインを崩さないようにすることです。
上の「バランスがとれていない」と類似しますが、スクワットで「下半身を強化する」ことばかりに意識が向きすぎると、骨盤や脊柱の動きを制御することをおろそかにしがちです。股関節や腰部に筋力不足がある場合は、たとえ下半身がそこそこ頑丈にできていても、スクワット動作時に脊柱の位置を制御できません。

負荷が高すぎる

スクワットの場合、負荷が高くなっても肩に担ぐ段階まではできるのが普通です。そこからスタートポジションをとり、腰を落とし始めると、「これ以上しゃがむと立てなくなる」という恐怖感に支配され、しゃがむのをやめてしまうケースが多いと思います。この場合は、自分はどの程度の負荷までならフルスクワットの深さまでしゃがめるのかを見極めるのが先決です。

関連記事
スクワットのしゃがみの深さについて考える

筋トレBIG3の代表格であるスクワット、見よう見まねでやれるようになったのはいいけれども、どれだけしゃがむのか効果的なのか今ひとつ悩むところでもあります。 このページで意外と奥が深い、スクワットのしゃ ...

続きを見る

しゃがみ深さ不足のスクワットの解決法

浅くしゃがむスクワットは上級者向けの種目(スポーツ競技向け)だと以前述べました。その理由は、大腿部の筋群(外側広筋、内側広筋および大腿二頭筋)をピンポイント的に狙って刺激を入れるので、重量を上手くコントロールできないと膝を痛めるというリスク、シェイプアップ的には脚だけ太くしてしまいかねないからです。
そのため、競技選手など、試合などに勝つという激しい目的がないのであれば、シェイプアップ目的で行うのが種目を味わえます(特に女子はそうです)。

エアスクワットを徹底する

負荷をかけてスクワットを行ってこそ、下半身の強化に繋がると考えがちですが、その負荷が身体の弱い部分に集中させてしまっては、これはたちの悪い自傷行為になりかねません。

関連記事
スクワット初心者のためのスクワット

BIG3の代表格であるスクワット、バーベルを持たずに自重だけで行っても負荷は決してヤワではありません。 本ページはこんな方におすすめ スクワットがきちんとできているかどうか自信がない スクワットの悪い ...

続きを見る

ボックススクワットを徹底する

適切な重量を扱っていると、スクワットのセット終盤ではしゃがみが浅くなりがちです。そのため、ボックススクワットでしゃがみ深さをコントロールしてやるテクニックもあります。

関連記事
ボックススクワットでセットを安定させよう

スクワットには様々なバリエーションがありますが、膝への負担を恐れて積極的に行えないなど、人によっては敬遠する方もいます。そのような方には、スクワットでしゃがみ込んだお尻の位置に、適当な大きさの箱を置い ...

続きを見る

初心者こそフルスクワットの意味は?のまとめ

スクワットはしゃがみ深さが大切であることは間違いありません。しかし、ベテラン勢や身体がもともと柔らかい人が、わざわざ高重量でフルスクワットばかりするのがよいという意味ではありません。
初心者は十分にしゃがめないにもかかわらず、高重量を扱い、本人は十分にしゃがんだつもりだけれども、実際はハーフスクワットにしかなっていないというケース、これがよくないということです。
だから、初心者こそ重量は度外視して、たとえ自重だけであっても、しっかりしゃがみこみ、しっかり立ち上がれるのかに集中するのがよいということになります。逆に、フルスクワットのレベルまで簡単にしゃがむことができるのであれば、パラレルスクワットのしゃがみ深さを基準にして高重量にチャレンジするの正道です。

スポンサーリンク

キレイに痩せたい女性のためのプライベートジム&エステ bellezza

完全に女性専用というわけでもなさそうですが、コンセプト的には女性専用のプライベートジム bellezza(ベレッッア)です。美容に力点を置いたパーソナルトレーニングをマンツーマンで行ってくれます。特に「トレーニングでムキムキになってしまう」ことを恐れる女性のためのジムです。当サイトのトレーニング法を正しく理解して行えばムキムキにはならないのですが、フォームが悪かったり、力の入れどころを間違えると要らない筋肉をつけてしまうリスクはありますので、それを回避するために姿勢改善に力点を置いた美容専門のパーソナルトレーナーをつけるというのは意味のあることです。bellezza のページを見ていると、エステサロンと混同してしまうことがありますが、主に指導してくれることは筋トレと食事指導です。店舗は銀座と表参道というリッチな場所だけなのもセレブ感がありますね。

筋トレと食事指導がメインではありますが、キレイに痩せるための脚やせ特化したエステコースなどもラインナップされているのが特徴です。エステコースはハイパーナイフという最新の機械を使用してトレーニングと並行して行うことで美脚づくりをサポートするという、他には見られない特徴もあります。その場合は「スキンケア」も指導してくれますので、美を徹底的に求める方は満足できると思います。プロテインは筋肉をつけてしまうと恐れがちな女性の美容のために、水素や酵素のサプリメントを選ぶことができます。食事制限や糖質制限は本トレーニングを選択しても逃れることはできませんので、この点だけは覚悟してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-スクワット, ストレッチ, 初心者, 大臀筋, 筋トレ
-, , , , , , , ,

© 2020 筋トレックス