デッドリフトを強化改善するためのエクササイズ3選!

デッドリフトは主に腰部分とハムストリングスの運動ですが、それに使われる力は大腿四頭筋、大臀筋、広背筋、菱形筋、二頭筋、前腕筋、僧帽筋からもたらされます。男性で厚い背中とたくましい脚部をものにしたいと思うなら、まさに高負荷デッドリフトこそうってつけの種目になります。女性で下半身をまとめてシェイプアップしたいと望むのであれば、これもデッドリフトを適切に行うことが近道だといえます。しかし、デッドリフトを負荷をかけて行うには、先ほどの筋力が弱すぎたり、筋力がアンバランスだと上手く行えません。

本ページはこんな方におすすめ

  • デッドリフトをやってみたいけど、まだ基礎筋力が不安
  • デッドリフトの動きがイマイチなのでなんとかしたい
  • デッドリフトに使う筋肉が弱いので強化したい

デッドリフトは、傍目から見ると、ただバーベルを拾いあげているだけの運動に見えてしまうのですが、この運動を成し遂げるには単純どころか複雑極まりない筋肉の動きが関与しています。しかも、デッドリフトには複雑な持ち上るためのコツ(技術)があります。

デッドリフトの技術を身につけるためには、バーベルを挙げる一連のプロセスに注目するのが一番です。重いウエイトあげるのに役に立つ適切なフォームを身につけるだけではなく、ケガを避けるための技術もとても大切です。ケガを避けてデッドリフトを行うには、それを避けることができるのに足りる基礎的筋力と柔軟性が必要です。

ここでは、デッドリフトを行うのに役立つエクササイズを紹介していきます。言い換えれば、デッドリフトで使う筋肉を小分けにして、別種目で鍛えていくエクササイズとも言えます。

TRX ハムストリングカール - TRX Hamstring curls

TRX サスペンションを利用したハムストリングスのトレーニングです。体幹を強化しつつ、ハムストリングスを柔らかく使うことを体感するトレーニングです。米軍で利用されているだけあって、やり方次第で、体幹がより強化され、デッドリフトよりもハムストリングスまわりが締まります。見かけ以上にキツいトレーニングですので、ジムでTRX サスペンションが使える、あるいは自宅にある方は是非試してください。

  1. サスペンションを両足にかけて、仰向けに床に寝ます。
  2. 腹圧をしっかりかけて、足を伸ばし身体のラインが直線になるように保ちます。
  3. バランスを保ちながら、両足の踵がお尻にくっつく感じで膝を曲げます。
  4. お腹の力を抜かないで、そのまま両足を伸ばします。
  5. 上の動作を繰り返します。

動作中、頭と両手・両肩は床にしっかり密着させておきます。
ポイントは、お腹の力を緩めずに、ハムストリングスを使って動くことです。同時に呼吸も安定させる必要があります。

関連記事
腹筋
腹圧をコントロールして、速効シェイプアップ!

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない ...

続きを見る

スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-デッドリフト, ハムストリング, 筋トレ
-, , , ,

© 2020 筋トレックス