スクワット ハムストリング 基本動作 大臀筋 理論 筋トレ 自重

フォームが悪いスクワットの何故を考えてみる

投稿日:2018年4月5日 更新日:

「一貫して足と膝とももの方向を一致させて動く」とは

スクワットの膝とつま先の位置

スクワットの膝とつま先の位置

上の画像は、前から見たスクワットのフォームで、「足・膝・もも方向」については、真ん中のフォームが原則で、その左右のフォームは足と膝とももの方向が一致せずに動いていて、関節部分に負担が集中する動きをしています。画像の左側は「股関節外反」の例、右側は「股関節内反」の例です。初心者やフォームが未熟のうちは、真ん中の例のフォームを徹底してマスターすべきです。筋肉を効果的に鍛える(もちろん、ダイエット・シェイプアップの)ため、バリエーションを増やしたいのであれば、上の画像の右例と左例フォームの足(つま先の)位置(角度と両足の幅)をももの方向と同じ方向を向くように直して、スクワットをする方法もあります。

「一貫して足と膝とももの方向を一致」させて動けば、膝の動きが安定します(あまり膝が動きません)。つまり最小限の動きになりますので、膝への負担が激減されます。膝が前後にグラグラと動けば、膝への負荷が引き金となって膝の障害を引き起こしかねませんので、この点は注意してください。

スポンサーリンク

ライザップ

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

プランク 1

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

2

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

3

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありま ...

4

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

5

ダイエットをかねて筋トレを行う際、継続するためには気分転換も含めてアウトドアしたりさまざまな工夫が必要になってきます。何の工夫もせずに同じトレーニングばかりを長期間続けてしまうと、身体と脳がそれに馴染 ...

6

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

ヒップアップ 7

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

8

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

FAQ 9

一言形式のQ&Aです。

-スクワット, ハムストリング, 基本動作, 大臀筋, 理論, 筋トレ, 自重
-, , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.