ケトルベル デッドリフト

デッドリフトのバリエーションでシェイプアップを加速させる!

デッドリフトはBIG3の中でも人気のある種目で、筋肉がその運動に慣れたり、気持ちがたるんと感じたらバリエーションを変えて行ってみるのがお勧めです。飽きたと感じたら、精神的にも緊張感が和らいでしまい、筋トレ効果も薄まってしまいます。その場合は、しばらく他の種類を試して気分転換と、刺激する筋肉を微妙に変えて、緊張感を試すようにしましょう。本稿ではノーマルのデッドリフト以外に、出張先のホテルなどでもできそうな簡易版もの、バリエーションを変えたちょっときつめのデッドリフトまで紹介します。

本ページはこんな方におすすめ

  • デッドリフトがマンネリ化してスランプになっている
  • デッドリフトは疲労するので、他のバリエーションを試したい
  • 少し工夫したデッドリフトで違った筋トレ成果を狙いたい

ダンベル(ケトルベル)デッドリフト

ケトルベル・デッドリフト

重いウエイトがついたバーベルで行うデッドリフトは、僧帽筋や広背筋をはじめとした背筋群をはじめとする様々な筋肉を効果的に刺激するのと同時に、そのウエイトを持つ手の方を先に疲労させてしまいます。そのため、手の耐久力がボトルネックとなってデッドリフトで目的の筋肉を追い込めないという事態が頻発します。この傾向は特に女性に顕著です。そこで、手の負担が比較的弱まるダンベル(ケトルベル)デッドリフトの出番です。

ケトルベル

ケトルベルはダンベルにハンドルを付けたウエイトですので、さらに保持しやすさが特徴です。ウエイトの微調整も容易という点からも、脊椎の怪我のリスクも同時に抑えられるので、フォームをまだマスターしていない方はこちらから始めてみてください。

可動域がバーベルデッドリフトより大きいため、軽い負荷で行うのが原則です。行い方は、通常のデッドリフトのバーベルをダンベルに置き換えただけのフォームをなぞるだけです。

バーベルデッドリフトとの違い

バーベルに比べて、ダンベルを固定するために、体幹の筋肉の関与が大きくなる傾向があります。意識的に行えば、バーベルデッドリフトより腹部を締めることが可能です。さらに、ダンベルの身体の側面に保持して、デッドリフトの動作を行うことで大腿四頭筋を強く刺激するトレーニングも可能です。
バーベルより手軽に行えるダンベルデッドリフトは、バーベルの可動柔軟性を活かして、特定の筋肉をターゲットにした玄人のトレーニングが可能なだけでなく、初心者がフォームを習得する手段としても優れています。

ニィ
ケトルベルは名前から女性向けのアイテムのように思ってしまいますが、実際には男臭い米国海軍の中で一番愛用されているウエイトでもあります。それは、重さを追求しなくても持ち方を工夫するだけで、様々な筋肉に刺激を入れやすいこと、痛めやすい手首の負担も軽減しやすいことなどの理由があるはずですが、やはりケトル形状の物体を持つという作業は、日常で普通によくあるため実践的なトレーニングになるというのが一番の理由だそうです。
関連記事
ダンベル・ウエイト
初心者のためのトレーニング負荷(ウエイト)選び

本ページはこんな方におすすめ どの重さで筋トレを始めるのがいいのかよくわからない人 同じ重さの負荷だけど、ウエイトによって負荷の感じ方が違うのはなぜ ウエイト選びは適当でもよいと思う人 筋トレを始めて ...

続きを見る

スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-デッドリフト, ハムストリング, 大臀筋, 筋トレ
-, , , , , , , ,

© 2020 筋トレックス