デッドリフト ハムストリング 大臀筋 筋トレ

デッドリフトのフォームを見直そう

2017年12月5日

筋トレの最強三種(通称:BIG3)の一つで背筋からそのまわりに至るまで全身を筋トレできてしまうのがデッドリフトです。どのような筋トレ本でも必ず紹介されている種目で、多くの方は一度ぐらいとりあえず見よう見まねで試してみるのですが、このフォームは突きつめていくと奥深いものがあります。
しっかりとした正しいデッドリフトのフォームを身につけていないと、弱い腰部分(lower back)に負担が集中して、脊椎を痛める、ぎっくり腰を誘発するなど、ケガのリスクが高まってしまいます。本ページでは、どこに注意してそのフォームを習得するのが効果的か、わかりやすく解説していきたいと思います。

本ページはこんな方におすすめ

  • デッドリフトのフォームを見直したい
  • デッドリフトをとりあえず形にしたい
  • デッドリフトのコツが知りたい

ここでは、正しいデッドリフトのフォームと安全で効果的に鍛える方法、セットアップの仕方から、リフトのフォーム、よくある間違いについて見ていきます。

まず、準備と心構えから


意外と知られていないことですが、多くのデッドリフトのフォームは、ウエイトに標準プレートを使用することを前提としています(標準プレートについてはFAQを参照ください)。標準プレートは重量に関わらず、プレートの直径は45cmに統一され、プレートの色で重量の違いを判別します。つまり、多くのジムで設置されている重量ごとに直径の違うプレートを用いる場合、軽いウエイトだとバーベルを床に置いたときのバーの高さが、標準の床面から20cmより低くなります。そしてスタートポジションも低くなりすぎてしまいますので、ダンベルマットなどを敷いてバーの高さを調整するする必要があります。

標準プレートって何?

ウエイトリフティング競技で使用される、直径が45cmの円盤状のプレートのことです。重量にかかわらず、直径は同じですが、プレートの厚みと色が異なります。赤は25kg、青は20kg、黄は15kg、緑は10kgとなっています。

デッドリフトではいきなりバーを握らず、身体の重心の位置を確かめる

Mid-Foot(中足部)

Mid-Foot(中足部)

いきなり意気込んで、バーを握り始めバーを持ち上げて始めてからフォームを調整するということを初心者はやりがちです。ウエイトが重いときは、バーを握ると同時に矯正できる範囲が限られてしまいますので、バーを握るまでに身体のどこに重心が来るのかを意識する必要があります。
つま先でもなく踵でもない足の中央部分(上図の中足部分)に、身体の重心が落ちてくるようにフォームを意識します。効果的にデッドリフトをこなすためには、踏ん張ることのできる安定した重心の位置を意識することが大切です。ただ突っ立って成り行き任せでは、筋肉が楽をする都合のよいフォームに陥りやすくなります。ウエイトに対して脚部や体幹を正しい位置に置いてこそ効果的ーを期待できます。足のつま先や踵が床から浮くような位置に重心が降りてきてはいけません。
ウエイトを用いる場合は、体から離さないように、鉛直方向に体の表面を滑らせるように動かすように行い、一貫して臀部側とウエイト側で力が釣り合うようにします。
一方、重心ではなく足の位置に関しては、デッドリフトの種類によりますので、後々解説します。

デッドリフトでは必須のヒップヒンジ

人体を横から見て、お尻部分(股関節)を中心にして体重を後方へ移動させる動作がヒップヒンジです。腰を曲げるのではなく、お尻(股関節)を曲げるという感じでイメージするとわかりやすいと思います。型のような位置づけですが、初心者のうちは鏡を見ながら練習する必要のある動作です。何度かやってみると、できるようになったと思い込みがちですが、いざバーベル等のウエイトを保持しながらこの動作を普通にこなせるかとなると怪しくなります。特に筋肉が疲労してきたときな、ヒップヒンジが崩れてしいがちで、事故を起こしかねません。デッドリフトはヒップヒンジ(ヒップドライブ)でバーをあげるのが大原則、足腰を鍛える際、あるいは足から腰にかけての美しいラインを作るためには、ヒップヒンジは完全にマスターしておくべきものといってよく、無意識でもこの姿勢をとれるかどうか身体に染みつくまで回数をこなして練習してみてください。

ヨーコ
スタイルを磨く、美ボディ作りの筋トレはフォームが正しくてナンボのものです。その正しさというのは、筋肉をつけるためにというより、美しく筋肉をつれるためにという眼鏡で判断するといいと思いますよ。

良く曲がる魅力的なヒップヒンジを行う方が、どのジムにもいらっしゃるかと思いますが、個人の筋力や関節の硬さ等によって、ヒンジの曲げることのできる角度は変化しますので、まずはケガ防止のために最低限の背骨のラインだけを意識すればいいと思います。

関連記事
筋トレの要、ヒップヒンジを極める!

股関節がらみの筋トレを行う際に、基本の動きとしてマスターしておかなければならないのが、ヒップヒンジです。この基本動作をおろそかにしていたり、マスターしていない方は本格的に筋トレを始めた際、腰を痛めてし ...

続きを見る

デッドリフト中は正しい背骨のラインを保ち続けること

体が自然なカーブを描き、脊柱にかかるストレスを最小にした正しい身体のライン・骨の位置は、ニュートラル・スパインと呼ばれます。デッドリフトにおいては、この正しい背骨のラインが重要で、背中が丸くなってはいけないということは大方の方は知っていると思うのですが、反りすぎているラインも良くありません。いつも胸を張って背中が反りがちな姿勢の方は多少背中を丸めてまっすぐに、いつも猫背な方は勢いよく胸を張ってまっすぐに、いずれにせよ自然なラインでまっすぐに(正確には緩やかなS字を描きます)することが大切です。
背中を丸めがちな方で、まだ矯正されないうちはぎっくり腰などのケガを避けるためにも、重量を上げずにフォームの習得に集中することが重要です。

首の位置についての注意点

デッドリフトにおいては、背骨をニュートラルに保つため(丸めないため)、「前を見る」と本サイトでは表現していますが、首を曲げてわざわざ顔を前を向けるという意味ではありません。顔は前を向く必要はありませんが、目線は常に前に向けておくという意味です。首に関しては、背骨のラインにならってなめらかに延長上に位置できていれば問題ありません(極端に曲げたり、伸ばしたりせず、自然なカーブを描いていれば良い)。

スポンサーリンク

短期集中ダイエットジム esthree【エススリー】

短期間で成果を出す完全予約制のダイエットジム「es three[エススリー]」。
大手が停滞しつつなか、積極的に新プログラム・メニューを発表して、勢いも衰えていません。
最近は女性専用ジムもオープンさせるなど、活動的なエススリーから目を離せません。
ダイエットに挫折しないよう専属トレーナーがあなたの運動から食事制限・生活習慣改善まで2ヶ月間徹底的にサポート。
広告宣伝費を押さえているので、大手ダイエットジムより安い料金コースがあるのがポイント。
ユーザーの年齢層は20~50代(健康でさえあれば60代以上もアリ)、過去様々な自力でダイエットに挑戦したけれども、なかなか成果が出ずにあきらめてきた方々は、最後に試してみる価値アリです。
5つの特徴

  • 専属トレーナーによる完全プライベート指導
  • 食事指導による体質改善
  • 大手ダイエットジムよりも安い価格設定
  • 目標体重未達成の場合、100%返金保証
  • 人気の時間帯でも確実にジムの予約が取れるプラチナ会員制度

男女比はほぼ半分半分という感じのジムですが、公式には男性4:女性6とのことですので店舗によっても多少の差はあると思います。女性の産後ダイエットは、託児所サービス付きというプライベートジムならでの安心できる特徴もあります。
一人でダイエットを始めて、生活習慣の変えようと頑張ってみたけれども失敗したという方は、正しい筋肉トレーニングと食事管理を専属トレーナーが日々アドバイスしてくれて、気を引き締めてくれるので、短期ダイエットに成功する例が多いプライベート指導のあるパーソナルジムを試してみましょう。
現在の稼働店舗は、秋葉原、池袋、新宿、中目黒、吉祥寺、町田、横浜、川崎、武蔵小杉、大宮、江坂、心斎橋難波、南船場(女性専用)、梅田、神戸三宮、名古屋栄、柏、上野、札幌、練馬、豊洲、京都、飯田橋、鹿児島、福岡天神、錦糸町押上です。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-デッドリフト, ハムストリング, 大臀筋, 筋トレ
-, , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2019 All Rights Reserved.