デッドリフトのフォームを見直そう

2017年12月5日

デッドリフトの持ち上げ動作フォーム

[デッドリフトの動作1]バーを体から離さず地面を押すような感じが大切

バーはできる限り体から離さず、身体の表面に沿わせる(実際はほぼ直線上に持ち上げます)ようにします。バーを体に引き寄せてこすりつける感じ(実際には接触させない)です。可能な限り体から離さないようにするのは、重心の位置を安定させて踏ん張るためです。
レッグプレス(マシン)を行ったことのある方は、足への力のかけ方、踏ん張り方はよく似ていますので参考になると思います。足で床面を押すという感覚がデッドリフトに必要で、足とお尻がウエイトを持ち上げることを意識するだけでも、足をどう固めるか、どう腰を保護するかなど自然とフォームの重要性が身体にしみこみますので、試してみてください。

[デッドリフトの動作2]胸を張りお尻を前に

バーを少しでも持ち上げたら、つきだしたお尻を前に戻し出していきます。お尻のバネが元に戻る感じですが、同時に胸を張ります。単にお尻を戻すだけの動作を行えば、背中が丸くなってしまので、必ず意識的に胸を張るようにします(お尻のバネを戻す動作に合わせて胸を張り上げます)。
お尻を戻す動作と胸を張り始める動作は同時進行で、胸だけ張りすぎるとスクワットの動作になってしまい、お尻だけ戻しすぎると背中にだけ負担がかかることになります。
背中だけ、お尻だけ楽をするような動作はワザとでない限り、やらないようにしましょう。両方に効かせるような動作が理想的です。

[デッドリフトの動作3]膝とお尻を伸ばす

膝とお尻、肩を引いて伸ばします。関節は伸ばしきる必要はありません。お尻には笑窪ができる程度引き締めてください、少し余裕のあるところで止めてかまいません。その状態で息を吐ききります。

[デッドリフトの動作4]バーを床に下ろす

ヒップヒンジを行いながら、バーを床に下ろします。背中が丸くなったり反ったりしていないことを意識してください。バーが膝に当たる位置まで降りたときに膝を曲げまるようにします

デッドリフトのフォームのまとめ

通常のデッドリフトは、フォームを正確に行っている限り、全体的な筋力、体幹の安定性、姿勢の向上、パワーアップなどにはベストな方法ですが、間違うと脊椎を痛めたりと怪我のリスクが高くなります。
また、人によって習得・筋力レベルが違うと思うので、通常のデッドリフトだけに固執せず、自分にふさわしいデッドリフトの種類を選びトレーニングすることも大切です。
デッドリフトを正しく行うには、お尻の角度、胸椎の可動性、広い後側の筋肉群(カーフ、ハムストリング、臀筋、背中)の柔軟性も必要なので、他の筋トレやストレッチもしっかりと取り組んでいくとよさそうですね。

関連記事
デッドリフト
デッドリフトのフォームでよくある間違い

[デッドリフトで]バーの真上に肩がある デッドリフトで重量を上げても、広背筋よりハムストリングスに筋肉痛が多く生じる場合は、このバーの真上に肩(図のバーと肩の位置)がきていないかを確認しましょう。この ...

続きを見る

関連記事
デッドリフトが背中ばかりに効いてしまうと悩んだら

ヒップアップのために、やるべきデッドリフト ココをチェック! 床引きのデッドリフトを優先的に行おう バーベルと足の位置は適切か確認しよう バーベルが床に接しているときの脚部の踏ん張りを意識しよう 筋肉 ...

続きを見る

スポンサーリンク

キレイに痩せたい女性のためのプライベートジム&エステ bellezza

完全に女性専用というわけでもなさそうですが、コンセプト的には女性専用のプライベートジム bellezza(ベレッッア)です。美容に力点を置いたパーソナルトレーニングをマンツーマンで行ってくれます。特に「トレーニングでムキムキになってしまう」ことを恐れる女性のためのジムです。当サイトのトレーニング法を正しく理解して行えばムキムキにはならないのですが、フォームが悪かったり、力の入れどころを間違えると要らない筋肉をつけてしまうリスクはありますので、それを回避するために姿勢改善に力点を置いた美容専門のパーソナルトレーナーをつけるというのは意味のあることです。bellezza のページを見ていると、エステサロンと混同してしまうことがありますが、主に指導してくれることは筋トレと食事指導です。店舗は銀座と表参道というリッチな場所だけなのもセレブ感がありますね。

筋トレと食事指導がメインではありますが、キレイに痩せるための脚やせ特化したエステコースなどもラインナップされているのが特徴です。エステコースはハイパーナイフという最新の機械を使用してトレーニングと並行して行うことで美脚づくりをサポートするという、他には見られない特徴もあります。その場合は「スキンケア」も指導してくれますので、美を徹底的に求める方は満足できると思います。プロテインは筋肉をつけてしまうと恐れがちな女性の美容のために、水素や酵素のサプリメントを選ぶことができます。食事制限や糖質制限は本トレーニングを選択しても逃れることはできませんので、この点だけは覚悟してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-デッドリフト, ハムストリング, 大臀筋, 筋トレ
-, , , , , , ,