スクワット ハムストリング 基本動作 大臀筋 理論 筋トレ 自重

フォームが悪いスクワットの何故を考えてみる

投稿日:2018年4月5日 更新日:

「一貫して足と膝とももの方向を一致させて動く」とは

スクワットの膝とつま先の位置

スクワットの膝とつま先の位置

上の画像は、前から見たスクワットのフォームで、「足・膝・もも方向」については、真ん中のフォームが原則で、その左右のフォームは足と膝とももの方向が一致せずに動いていて、関節部分に負担が集中する動きをしています。画像の左側は「股関節外反」の例、右側は「股関節内反」の例です。初心者やフォームが未熟のうちは、真ん中の例のフォームを徹底してマスターすべきです。筋肉を効果的に鍛える(もちろん、ダイエット・シェイプアップの)ため、バリエーションを増やしたいのであれば、上の画像の右例と左例フォームの足(つま先の)位置(角度と両足の幅)をももの方向と同じ方向を向くように直して、スクワットをする方法もあります。

「一貫して足と膝とももの方向を一致」させて動けば、膝の動きが安定します(あまり膝が動きません)。つまり最小限の動きになりますので、膝への負担が激減されます。膝が前後にグラグラと動けば、膝への負荷が引き金となって膝の障害を引き起こしかねませんので、この点は注意してください。

スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-スクワット, ハムストリング, 基本動作, 大臀筋, 理論, 筋トレ, 自重
-, , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.