インナーマッスル スクワット テクニック ハムストリング 体幹 大臀筋 筋トレ 股関節屈筋群 腹筋

バリエーションで攻めるバーベルスクワット

投稿日:2018年8月31日 更新日:

ワイドスタンス・スクワット


ワイドスクワットやワイドスタンス・バーベルスクワットなどとも呼ばれます。足幅を大きく開いたスクワットです。足幅を大きくさえ開いていれば、バーベル、ダンベルを持たなくてもワイドスクワットです。内もも、臀部、ハムストリングスに負荷が集中するスクワットで、下半身のボリュームに不満がある方にお勧めです。普段あまり使えていない筋肉を刺激することになるため、かなりきつく感じる人が多いのではないでしょうか。

まとめ

スクワットに加える地味なバリエーション

  • 動作の中で負荷のかかる点(ボトム)で完全静止してみる
  • 遅い(スロー)動作と素早い(クイック)動作を組み合わせる
  • 動作の最下部(ボトム)に椅子やベンチを置く
  • スタンス(足幅)を変える

バリエーションといっても、どれも大差なく感じるスクワットという印象かもしれませんが、実際行ってみると負荷の違いを感じるはずです。リズムをつけずに単調に行うスクワットはウォーミングアップ代わりに行い、本セットでは同じ重量で、セット回数が上がるほどストップスクワットの静止秒数を上げてみるなど、飽きないメニューは誰でも工夫できると思います。
地味に負担のない程度の違いをつけて行うのが、飽きずにスクワットを行う際のコツです。そうすれば、重量にこだわらなくても(軽いウエイトでも)必要な負荷をアレンジできますので、筋肉質の身体を作ってしまうと恐れる女性や、単純作業に飽きっぽい人も無理なく続けていけると思います。

さらに、本稿では触れませんでしたがベルトをつける・つけないで体幹への負荷を変える、片足をレンガブロックのようなものの上に置いて負荷の左右差をつけるなどの方法もあります。それ以外にも、マスターしたスクワットにバリエーションをつける方法はあると思いますので、楽しみながら研究されてはいかがでしょうか。

関連記事
初心者が極めるバーベルスクワット

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

関連記事
バーベル膝立ちスクワットでお尻まわりの肉を締める

スクワットは筋トレのBIG3の代表格かつ人気種目で、そのバリエーションの多彩さもその一因をになっていると思います。今回は、スミスマシンを用いて、膝関節を痛めるリスクを抑え、身体下半身の後ろ側の筋肉をシ ...

関連記事
スクワット初心者のためのスクワット

BIG3の代表格であるスクワット、バーベルを持たずに自重だけで行っても負荷は決してヤワではありません。本ページでは、スクワットをやってみたのだけど、きちんとできているかどうか自信がない。スクワットで悪 ...

続きを見る

スポンサーリンク

完全個別指導型パーソナルトレーニングジム「Body Impact plannner」

Body Impact plannner、通称BiP(ビップ)は体験をされる方の80%が入会するというパーソナルトレーニングジムです。
その証拠(といってもいいのか)に、いつも無料カウンセリングが満帆で予約が取れないという状態のようです。料金に関しては、ここ数ヶ月のほぼ業界標準という感じの一回90分13,000~14,000円、三ヶ月コース(24回)だと312,000円、二ヶ月コース(16回)で216,000円、一ヶ月(8回)で112,000円になっています。有名人が飛び入りで来店などのコマーシャル活動することを考えると、明らかに低価格という感じです。さらに90分もパーソナルトレーニングはキツイと感じる方は、50分のショートコースも用意されていて、一回分の単価が9,000~10,000円と良心的です。しかも、このショートコースは人気だそうです。当サイトとしては、定番の90分のコースをお勧めしておきます。
ダイエット遺伝子検査や食事コントロール指導なども含まれていて、返金保証もあります。基本的には、食事コントロールなどより、正攻法の筋トレで基礎代謝を上げていく方法ですので、男子はもちろん女子であっても、バーベルスクワットなど、当サイトの記事にあるようなトレーニングをしっかり行うことになります。トレーニングメニューから判断すると、もやし系男子ならお金を払ってでもやるべきという種目(ベンチプレスなど)が並んでいるのですが、女子でも普通にこのメニューになるとのこと。会員のほぼ半分が女性らしいので、やっぱり小手先で痩せるというより、筋肉量増加で代謝効率を上げるという基本重視にトレンドが戻ってきていることを実感します。

所在地は東京の飯田橋店(千代田区飯)、田町店(港区)、大塚店(豊島区)のみです。営業時間は9:00~23:00(飯田橋店のみ22:00まで)、駅にたどりつければアクセスも悪くありません。
最近は当たり前になってきた、毎回のウェア、タオル、シューズは無料レンタルサービスとシャワールームも利用できるので、会社帰りなどでも手ぶらで気兼ねなく立ち寄ることができます。年齢層は男女ともに20から50歳代までと広く、トレーナーさえ気に入ればお得なジムだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-インナーマッスル, スクワット, テクニック, ハムストリング, 体幹, 大臀筋, 筋トレ, 股関節屈筋群, 腹筋
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.