理論

人気記事

デッドリフト 1

本ページはこんな方におすすめ デッドリフトの動作で膝がつま先より前に出すぎる スクワットの動作で膝がつま先より前に出すぎる 筋トレ(重いものを引き上げるトレーニング)すると腰が痛くなる 脚に棒のように ...

woman abs 2

腹筋に効かせるためのエクササイズ特集です。始めやすいものから試してみましょう。

3

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝が向上し、シ ...

ヒップアップ 4

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

女性のお腹まわりの脂肪 5

体脂肪率を知りたい人は多いと思います。知って、毎日に必要なカロリー計算に生かしたいなど、少しでも数値的な目標がほしいことは当然あります。しかし、実のところ正確な体脂肪率を知るためには解剖して調べるほか ...

6

股関節がらみの筋トレを行う際に、基本の動きとしてマスターしておかなければならないのが、ヒップヒンジです。この基本動作をおろそかにしていたり、マスターしていない方は本格的に筋トレを始めた際、腰を痛めてし ...

腹筋 7

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない ...

8

自重ヒップリフトだと負荷が足らないと感じるようになったり、デニムの後ろ姿で他者を魅了するほどのお尻まわりを作り上げるには、やはりウエイトトレーニングを行う必要が出てきます。女子でも、本気でお尻のシェイ ...

punch 9

お尻や背中など特定の部位を選択的にシェイプアップするために役に立つ記事です。

バーベル 10

BIG3(スクワット、デッドリフトとベンチプレス)についての記事を集めました。気になる記事から読んでいただけると幸いです。

スクワット

2020/3/30

シェイプアップの最適Rep数を考えてみる

筋トレを行い、筋肉量を増やすためには最大 8 RM で3セット行うなど、だれでも聞いたことがあるかと思います。今回はRep数がらみの考え方を少し拡張して、具体的に効果を出しやすい運動回数、セット数を考えてみようと思います。 様々な場所(ネット・書籍など)で工夫した計算式などが発表されているので、自分に合ったやり方を見つけるのも楽しいと思います。 本ページはこんな方におすすめ 筋トレで、どのような負荷でやるべきかよくわからない人 何回ウエイトを持ちあげるのが、シェイプアップに都合がいいのか知りたい人 ダラダ ...

トレーニング・メニュー

2020/3/30

BIG3で考える効率的な一週間メニュー

筋トレBIG3、すなわちベンチプレス、スクワット、デッドリフトはコンパウンド種目の代表格でしっかり行えば疲労感も翌日以降に残るはずです。しかし、効果的トレーニングといわれるこの種目をできる限りこなしていきたい人は多いはず。そのメニューを一週間にどう組み込むのが良いか考えてみます。 本ページはこんな方におすすめ トレーニングの一週間メニューが欲しい メニューの典型的テンプレートが欲しい 毎回同じトレーニングはしたくない 本ページはBIG3を何が何でも一週間のメニューに組み込むことを奨励しているわけではなく、 ...

2019/12/11

筋肥大のためのメンタルセットとそのコツは?

筋肥大を効率よく行うためには、よくいわれるように普段より少しばかり大きめの負荷を筋肉にかけてトレーニングを行います。このことは、中・高等学校の保健体育でも習ったことがあると思いますが、実践する際にはいくつか注意点があります。今回はそれらをコツとしと4つばかり紹介します。 本ページはこんな方におすすめ 筋肉を肥大させたい トレーニングを頑張れない ついつい筋トレをサボってしまう コツ1 アドレナリンを分泌させる アドレナリンは極限状態に追い込まれたときに分泌され、脳が筋肉を限界まで使えるようリミッターを外し ...

couple bicep

2019/2/6

効率よく筋肉を大きくするコツ

筋肉を大きく、たくましくしたいと思う人は、特に男性は多いと思います。一方女性でも、お尻のたるんだ脂肪より、筋肉でお尻を丸く包んで大きくしたいなど考える人は多いと思います。本ページでは、どのような筋トレを行うと効果的に筋肉を大きくできるかみていきます。 本ページはこんな方におすすめ 男女を問わず、筋肉を大きく太くしたい。 筋肉を大きくしたいけど、うまく行っていない。 高重量を扱っているのに、筋肉が太くならない。 体調管理も慎重にしているが、筋肉が太くならない。 シェイプアップ目的の筋トレで、アンバランスに痩 ...

2019/1/21

ダイエットできない有酸素運動のワナ!

現在太っていて、筋トレをしたいけれど、まず贅肉をある程度まで落とした後でなければ、スクワットのフォームすらままならないという方は、是非ご覧ください。 本ページでは、逆効果になりかねない有酸素運動の落とし穴についてみていきます。 本ページはこんな方におすすめ 有酸素運動が好き。 有酸素運動をトレーニングに取り入れようか迷っている。 有酸素運動をやりすぎてしまう。 有酸素運動運動がスタイルアップに役立つのか根拠を知りたい。 ジムでの有酸素運動にも興味ある。 脂肪燃焼ゾーンの運動ばかりするワナ 余分な脂肪を減ら ...

2020/1/20

セット間のインターバルについて考える

筋トレで、筋肥大を効率よくするためにはインターバルをどれくらいとればいいのか悩むことがあります。筋肥大とは筋タンパク質の合成作用を高めるということですが、このインターバルは短すぎると苦しくなり、長すぎるとそもそも筋トレを行ったことすら薄れてしまうという微妙なところです。 本ページはこんな方におすすめ 筋トレを行うときにどれくらい休めば良いのかを知りたい 1セットと1セットの間に何分(秒)開ければ良いのか知りたい インターバルは感覚で決めてようと思っている 長い短いは個人差があるので、本ページでは60秒以内 ...

2020/2/25

女性のための筋トレ指南

男性は筋トレさえ始めてしまえば、フォームが間違っていても、効果を体感しやすいものです。ただ、大きな負荷でトレーニングし、生活リズムに多少の無理があろうと、食事をしっかりとり、しっかり休息していれば筋肉がついてきます。これは女性でも同じなのですが、多くの女性は筋肉をバキバキにつけることには消極的です。むしろ敬遠する人が多いと思います。本ページでは、主に運動経験がない方で、シェイプアップ、スタイルアップ、ボディメイク目的の女性が筋トレを行う際、気をつけておかなければならないポイントを見ていきます。 本ページは ...

2020/2/26

初心者が極めるバーベルスクワット

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワット(バーベルなしで行うスクワット)が当然にできるレベルを前提としています。また、事故防止は当然のこととして、重量を扱うより、見かけのいい体型を作り上げる(スタイルアップ)スクワットをすることに重きを置いています。 バーベルスクワットの効果を考える シェイプアップ目的の場合、特に女性はバーベルスクワットにまで ...

© 2020 筋トレックス