有酸素運動

人気記事

デッドリフト 1

本ページはこんな方におすすめ デッドリフトの動作で膝がつま先より前に出すぎる スクワットの動作で膝がつま先より前に出すぎる 筋トレ(重いものを引き上げるトレーニング)すると腰が痛くなる 脚に棒のように ...

woman abs 2

腹筋に効かせるためのエクササイズ特集です。始めやすいものから試してみましょう。

3

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝が向上し、シ ...

ヒップアップ 4

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

女性のお腹まわりの脂肪 5

体脂肪率を知りたい人は多いと思います。知って、毎日に必要なカロリー計算に生かしたいなど、少しでも数値的な目標がほしいことは当然あります。しかし、実のところ正確な体脂肪率を知るためには解剖して調べるほか ...

6

股関節がらみの筋トレを行う際に、基本の動きとしてマスターしておかなければならないのが、ヒップヒンジです。この基本動作をおろそかにしていたり、マスターしていない方は本格的に筋トレを始めた際、腰を痛めてし ...

腹筋 7

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない ...

8

自重ヒップリフトだと負荷が足らないと感じるようになったり、デニムの後ろ姿で他者を魅了するほどのお尻まわりを作り上げるには、やはりウエイトトレーニングを行う必要が出てきます。女子でも、本気でお尻のシェイ ...

punch 9

お尻や背中など特定の部位を選択的にシェイプアップするために役に立つ記事です。

バーベル 10

BIG3(スクワット、デッドリフトとベンチプレス)についての記事を集めました。気になる記事から読んでいただけると幸いです。

2020/1/10

筋トレ初心者がよく陥る間違い2

以前「筋トレ初心者がよく陥る間違い」という記事を書きましたが、トレーニング経験の全くないジム未経験者には、わかりにくいという指摘がありました。今回は、基本から理屈で理解できるような、初心者が陥る間違いを代表的なものを3つに絞って、見ていきたいと思います。 本ページはこんな方におすすめ 筋トレをとにかくやってみたい。 筋トレに関する知識はあまりない。 筋トレベテラン勢のマネがなかなかできない 筋トレに対する心構えがはっきりしない 筋トレしてシェイプアップと逆効果になるのが怖い 本稿では、トレーニングとしては ...

2019/1/21

ダイエットできない有酸素運動のワナ!

現在太っていて、筋トレをしたいけれど、まず贅肉をある程度まで落とした後でなければ、スクワットのフォームすらままならないという方は、是非ご覧ください。 本ページでは、逆効果になりかねない有酸素運動の落とし穴についてみていきます。 本ページはこんな方におすすめ 有酸素運動が好き。 有酸素運動をトレーニングに取り入れようか迷っている。 有酸素運動をやりすぎてしまう。 有酸素運動運動がスタイルアップに役立つのか根拠を知りたい。 ジムでの有酸素運動にも興味ある。 脂肪燃焼ゾーンの運動ばかりするワナ 余分な脂肪を減ら ...

diving

2019/7/5

泳いで仕上げる美ボディの前に知っておくこと

水泳は筋トレに含めるべきなのかどうか議論がありそうですが、シェイプアップ、ボディメイク、スタイルアップなど当サイトの目的からして、水泳は目的にかなう運動だと断言できます。もちろん、目的のためにはうまく泳げる必要はなく(でもうまくなる努力は必要)、水に浮かんでいるだけでも体力を奪ってくれるプール運動は、ダイエットにも効いてくれる心強いエクササイズです。 本ページはこんな方におすすめ 太っているんだけど、有酸素運動したくない 体力不足で、筋トレマシーンを使いこなせない 膝と腰の関節が痛むけど、トレーニングした ...

2020/3/26

水中ウォーキングで始める下半身ダイエット

ダイエットをかねて筋トレを行う際、継続するためには気分転換も含めてアウトドアしたりさまざまな工夫が必要になってきます。何の工夫もせずに同じトレーニングばかりを長期間続けてしまうと、身体と脳がそれに馴染んでしまい、異質な運動に臨機応変できなくなってしまいます。今回は、ルームランナーやエクササイズバイク、トレッキングマシーンなどジムにあるものではなく、プール(や海辺)を利用した水中ウォーキングを紹介します。 本ページはこんな方におすすめ 歩きたいけどひざが痛む 歩きたいけど腰が痛む 歩くと躓いて危なっかしい ...

2020/1/10

筋トレ初心者がよく陥る間違い

シェイプアップ目的で筋トレを始めたばかりの人が、ついつい陥ってしまう間違いについて解説します。間違いといいつつも、見方を変えれば、必ずしも間違いとは言えないものもあるのですが、「健康的・シェイプアップ・スタイルアップ」という面から見れば、間違いといえるものについて主に挙げていきます。 頻繁に筋トレをする まじめな人に多いのですが、筋トレは毎日行うことが必ずしも効果的とはいえません。筋肉に回復するための時間を必要なだけ与えてやる必要があるからです。精神面を鍛える、生活習慣を変えるなどの目的がある場合は、毎日 ...

2019/1/4

ダイエットで1キロ減量するための運動目安を考える

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありますので、本稿では食事コントロールを行わずに、一般的に1キロ(kg)減量(1kgはほぼ牛乳パック1本分の重さです)するために、どれだけの運動が必要なのかを考えてみたいと思います。女性(21~35才、身長147-165cm)の場合、体重を1kg 落とすと太ももおよびウエストそれぞれ約6mm、腹部に至っては約7.3 ...

2020/1/20

筋トレのインターバルはどうするか

本ページはこんな方におすすめ 筋トレのセット間の休み加減がよくわからない しっかり休んで次のセットをこなす、回復を待たずに次のセットをこなすのとどちらがいい? 筋トレを初めてしばらくすると、各種目のセット数をこなす際、セット毎のインターバルをどうとるか考え始めます。筋トレを始めたばかりの時は、とにかく次のセットがこなせると自分が感じる(呼吸が安定する)まで休憩する、そして次のセットをこなすという方法が安心です。しかし、トレーニングが進んでくると、休みすぎているのではないか、あるいは、休憩が短すぎて筋トレが ...

© 2020 筋トレックス