プロテインで太る?

プロテインを常用すると太るのか?

いわゆるプロテインと併用して摂るのが効果的!

スポンサーリンク

すらり美人へ【しなりずむ】

手軽にすぐ飲める粒タイプ(錠剤タイプ)の大豆プロテインです。アミノ酸スコア100のプロテインが配合された、一日3回程度を目安に飲むのが理想のプロテインです。大豆プロテインに加えて、HMB、ブラックジンジャー、和漢成分、コラーゲン、乳酸菌、GABA まで配合されているところから、オールインワン・プロテインサプリメントという位置づけの方が似合っています。

プロテイン以外の「しなりずむ」のメリット、その理由

一日9粒で、プロテイン以外の栄養素も摂れることが足りるのがおすすめの理由です。逆に筋肉で身体を大きくしたい、筋肉でメリハリをつけたいと考える人は、プロテインとしては少ないのも「しなりずむ」になります。

一方、普通のパウダータイプのプロテインには含まれることがまれな、乳酸菌、イソフラボン、ポリメトキシフラボンやポリフェノールなどが自然な形で含まれています。
大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、血流などを促す効果が期待できるとされているため、普段のホエイプロインと併せて摂っておくのが理想です。動物実験レベルでは筋萎縮を抑えるという結果もあるので、この成分が、たかだか一日9粒、毎食3粒ずつで摂取できてしまいます。1日3回に分けて摂取しやすいというのがポイントで、一度に摂取するのと比べて、分けて摂取する方が継続的な効果が期待できます。なお、公式サイトには一回で9粒を一気にとっても問題ないとありますが、問題はないかもしれませんが最大限の効果を狙うためには、2回以上に分けてとりましょう。

プロテインとしての「しなりずむ」はオススメか、その理由

筋トレ後のタンパク質補給としては、正直物足りないのが「しなりずむ」です。しかし、普段の生活を補助するサプリメントとしての効果は期待できます。それは植物性タンパク質(大豆)を使用しているからです。植物性タンパク質はゆっくり身体に吸収されるため、ホエイプロテインとはまた違った形で身体を助けてくれます。特に遅効性を利用した、睡眠前のタンパク質補給には、補給しやすく効果の期待できる利用法です。特に、夜中にトイレに行きがちな人は、睡眠前に大量に水分も補給せざるを得ないプロテインパウダーとくらべて、この点は錠剤タイプのメリットになります。

「しなりずむ」を試す価値がある人は?

飲むのが苦にならない錠剤タイプのため、プロテイン摂取は大切だと知りながらも、必要量を取り切れていない人にはオススメです。女性のみならず男性でも、子供でも同様にオススメです。サプリメントが好きな方は、他のサプリメントとの違いを体感できるかどうかで、選択の決め手にしてかまわないと思います。
逆に、9粒を飲み続けてみることが数週間も続かない人は、食生活を見直して普段から高タンパクの食事を心がけることからはじめてみるのがおすすめです。その中で、たまには「しなりずむ」のような錠剤タイプで必要な栄養素を補助しようと思い始めれば、再度試してみることで、どちらのメリットもデメリットも見えてきます。メリットを活かしてデメリットを埋めることを始めましょう。

筋トレで身体を作り上げたい人には「しなりずむ」だけでは不足です

「しなりずむ」は普段飲んでいるホエイプロテインの代わりにはなりません。厳密には代替することはできるにしても、費用対効果が悪くなりますので、「しなりずむ」を飲みつつ、ホエイプロテインを筋トレ後に飲むのが効果的だといえます。普段飲み続けているホエイプロテインを随時補給することは継続しましょう。大豆プロテインの効果の方はゆっくりと現れます。

オマケの効果

女性限定の意見ですが、効果が表れた人は「朝が楽になった」という口コミを見かけます。このような人は例外なく、朝の時間帯でのパートナー、友人、家族との口論が減り、ひとりの人は出勤が楽になるという副作用的なプラス効果が現れています。そういった効果が運良く手に入れられたら、サプリメント・補助食品に期待している効果以上のものを手に入れた幸せな人ということです。

関連記事
サプリメント
効果のない(プロテインに入っている)サプリメントは?

筋トレを始めて、なにげにまわりを見渡してみると水分補給に水やスポーツドリンクではなくて、シェイカーに粉末をいれてシャカシャカやっている人が多いことに気づきます。初心者のうちは謎の光景に見えるものとして ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-サプリメント, 女性向け
-,

© 2020 筋トレックス