スクワット 初心者 基本動作 大臀筋 臀筋群

初心者スクワットでよくある間違い

膝を内側に入れていないか

スクワット 膝が入る
負荷に効果的に耐えようと、膝を内側に入れてしまう姿勢(内股になる)をとるケースがこれに当たります。膝を内側に入れると、脚部が固くまとめることができるので、結果的に高重量が扱えます。これはウエイトリフティング競技ではよく見られますが、シェイプアップ目的の筋トレの時にこの姿勢をとるのはタブーです。競技は持ち上げる重さを競いますが、シェイプアップは筋肉の仕上がりに力点があります。この場合、持ち上げる重さは、筋肉の仕上がりに比べれて重要度は高くありません。ただし、自己満足や自信をつけたい時にわざと高重量を扱うような場合はアリです。
膝を内側に入れてしまうと、肝心の負荷が下半身に効かず、その分、背中をはじめとする上半身に負荷が逃げてしまいます。強い下半身を作る、丸いお尻をボディメイクするという目的を拒否してしまうような姿勢になりますので、膝は脚のつま先方向にしっかり向けるよういつも意識してください。心持ち、外側に曲げてやる感じでかまいません。

センセ
つま先方向と、膝の頭の方向が一致していないと関節を痛めるリスクが増大します。重量を扱うことが目的でないのなら、原則通り膝はつま先方向に一致させましょう。
関連記事
スクワットのフォームを基本から見直してみる

スクワットに関してはこれまでもいくつか投稿してきましたが、今回は基本に立ち返って、どのようなスクワットのフォームが、どういう理由で良いのかを、過去の投稿とは別の観点から考えてみたいと思います。より動作 ...

続きを見る

関連記事
スクワット初心者のためのスクワット

BIG3の代表格であるスクワット、バーベルを持たずに自重だけで行っても負荷は決してヤワではありません。本ページでは、スクワットをやってみたのだけど、きちんとできているかどうか自信がない。スクワットで悪 ...

続きを見る

スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-スクワット, 初心者, 基本動作, 大臀筋, 臀筋群
-, , , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2019 All Rights Reserved.