スクワット

バーベル・フルスクワット

2020/3/6

初心者こそフルスクワットの意味は?

トレーニング初心者にこそ有効とされるスクワット運動ですが、筋トレをはじめて、スクワットを行うようになったけれど、トレーニング効果云々の前に膝が痛くなるだけという方は、是非読んでください。本稿ではスポーツ競技目的より、シェイプアップ目的に力点を置いて書いています。 本ページはこんな方におすすめ スクワットをやると膝が痛くなる スクワットは嫌い スクワットをすると脚が太くなる スクワットすると腰が痛い 脚が太くなるスクワットとは何なのか スクワットは下半身を鍛える種目と認識されていますが、この認識の中身はさま ...

2020/3/22

スクワットとデッドリフトの違いをはっきりさせよう

スクワットとデッドリフト、どちらも筋トレBIG3の一角ですが、フォームが大切だということを知りながらごっちゃになっている人も多いのがこの種目でもあります。どちらもウエイトを下から上に挙げる動きに過ぎないのですが、筋トレを始めたばかりの初心者が見よう見まねでスクワットを行ってみたけれど、ただの屈伸運動にしかなっていないというようなケースはよくあります。このページでは、スクワットとデッドリフトと違いをはっきりと見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ スクワットすると腰が痛くなる デッドリフトで膝が痛くな ...

ジャンプ

2019/12/23

運動神経をよくする筋トレの心得は?

このページの「運動神経」という言葉は「あの人運動神経がいい」などと使われる一般的な意味で使用しています。神経そのものを筋トレで発達させるような趣旨のページではなく、身体能力を高め自分の運動神経をうまく使うことが趣旨です。 筋トレ初心者のみならず、シェイプアップ・スタイルアップ目的の筋トレ愛好家に、ぜひ優先してトレーニングしていただきたい種目を紹介します。「運動神経がいい」という意味を、例えば体操選手のように筋肉質の身体、力士のように脂肪を蓄えた身体のように極端なものを思い浮かべる人もいるかと思いますが、こ ...

バクック・スクワット

2020/2/26

ローバースクワットとハイバースクワット

バーベルスクワットには、バーを背中のどの位置で保持するかによって、大きくローバーとハイバーの二通りに分かれます。当サイトの趣旨としては、ローバーでのスクワットを前提にしているページが多いのですが、今回はこの二つのスクワットの違いを整理しておきます。 本ページはこんな方におすすめ バックスクワットをしっかり行いたい スクワットするなら、パンパンの太ももを作り上げたい スクワットするなら、しっかりお尻を鍛えたい ローバーとハイパーの違いがイマイチわからなて スタイルアップのスクワットのコツを知りたい スクワッ ...

スクワット

2020/1/9

スクワットで嫌な筋肉がついてきたときに見直すこと5つ

スクワットはお尻まわり、太もものシェイプアップに最強の種目だと推薦できるトレーニングですが、方向性を誤って嫌な筋肉をつけてしまうことがあります。ここでは、シェイプアップ目的でスクワットを始めたのに、できあがった下半身の仕上がりにイマイチ納得できない時に、見直すべき点を紹介します。 本ページはこんな方におすすめ カッコイイお尻の形を手に入れたい スクワットができるようになったばかり 重いウエイトでスクワットができるようになった 下半身の筋肉はついたが、大根足になった気がする お尻に筋肉がついたけれど、縦長の ...

バーベル・スクワット

2020/1/30

スクワットのバットウインクを克服する!

スクワットをやってみるものの、しゃがむ最中にお尻が逃げてしまって腰が痛くなることはありませんか? 筋トレを行う時にいつも気をつけなければならないことは、関節をいたわること、痛めないことです。筋トレで骨そのものがパキッと折れるような事故はまれですが、関節を痛めてしまう事故は頻繁に起こります。 本ページはこんな方におすすめ スクワットを続けているが、お尻がいい形にならない スクワットで腰が丸くなる スクワットをすると腰が痛くなる スクワットをすると膝が痛くなる スクワットの姿勢が決まらない うまくできているつ ...

2020/3/26

ボックススクワットでセットを安定させよう

スクワットには様々なバリエーションがありますが、膝への負担を恐れて積極的に行えないなど、人によっては敬遠する方もいます。そのような方には、スクワットでしゃがみ込んだお尻の位置に、適当な大きさの箱を置いてしゃがむ深さを補佐する、ボックス(椅子)スクワットがお勧めです。形式上ボックスといっていますが、実際にはジムにあるベンチを利用します。本稿では、バーベルを担いだ状態で行うボックススクワットを紹介します。 本ページはこんな方におすすめ 膝が弱いのでしゃがむという動作に不安がある スクワットでバランスをとるのが ...

2020/1/9

初心者スクワットでよくある間違い

スクワットを行う際の、初心者が陥ってしまいがちな代表的な間違いを5つ、しっかり矯正していきましょう。 本ページはこんな方におすすめ なんとなくスクワットの悪い癖がついた スクワットが楽にできてしまう スクワットしたらイヤな筋肉がついてしまった 腰をしっかり落とせているか スクワットはしっかり行えば体の250以上に及ぶ筋肉に刺激を入れることができます。この場合の「しっかり」は腰を適切に落としているかということです。パラレルスクワットのつもりがハーフスクワットの深さまでしか腰を落とせてない(しゃがめていない) ...

© 2020 筋トレックス