体幹

人気記事

デッドリフト 1

本ページはこんな方におすすめ デッドリフトの動作で膝がつま先より前に出すぎる スクワットの動作で膝がつま先より前に出すぎる 筋トレ(重いものを引き上げるトレーニング)すると腰が痛くなる 脚に棒のように ...

woman abs 2

腹筋に効かせるためのエクササイズ特集です。始めやすいものから試してみましょう。

3

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝が向上し、シ ...

ヒップアップ 4

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

女性のお腹まわりの脂肪 5

体脂肪率を知りたい人は多いと思います。知って、毎日に必要なカロリー計算に生かしたいなど、少しでも数値的な目標がほしいことは当然あります。しかし、実のところ正確な体脂肪率を知るためには解剖して調べるほか ...

6

股関節がらみの筋トレを行う際に、基本の動きとしてマスターしておかなければならないのが、ヒップヒンジです。この基本動作をおろそかにしていたり、マスターしていない方は本格的に筋トレを始めた際、腰を痛めてし ...

腹筋 7

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない ...

8

自重ヒップリフトだと負荷が足らないと感じるようになったり、デニムの後ろ姿で他者を魅了するほどのお尻まわりを作り上げるには、やはりウエイトトレーニングを行う必要が出てきます。女子でも、本気でお尻のシェイ ...

punch 9

お尻や背中など特定の部位を選択的にシェイプアップするために役に立つ記事です。

バーベル 10

BIG3(スクワット、デッドリフトとベンチプレス)についての記事を集めました。気になる記事から読んでいただけると幸いです。

ダンベル

2020/4/21

決めたら急げ、自宅トレ準備!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大が怖い中、ジム通いもタイミング次第では逆効果どころか、いやなことになるリスクを考えざるを得なくなっています。 このページでは、自宅に筋トレマシーンを購入しようかどうか考えている人に、ちょっとした考えポイントを整理してみようと思います。 本ページはこんな方におすすめ 自宅でトレーニングしたい 自宅筋トレ器具、何を買っていいかわからない 購入した筋トレ器具を無駄にしたくない 最低限スペースが確保されているという前提で、オーソドックスなアイテムをピックアップし ...

腹筋

2020/4/2

腹圧をコントロールして、速効シェイプアップ!

ベンチプレス、スクワットやデッドリフトを行う際、腹圧をかけろと言われると思います。その腹圧について多く誤解しがちですので、見ていきます。 本ページはこんな方におすすめ 腹圧って何のことだかわからない 高重量を扱うと背骨が不安 デッドリフトでトレーニングベルトの使い方がイマイチわからない 普段から倦怠感があり、疲れやすい人 姿勢が悪い人 慢性的な肩こり・腰痛に悩まされている人 腹圧についての基礎知識 腹腔内圧(Intra-abdominal Pressure)のことを略して腹圧(IAP)と読んでいます。腹腔 ...

デッドリフト

2020/3/26

ヒップヒンジこそ効果的シェイプアップの秘訣!

本ページはこんな方におすすめ デッドリフトの動作で膝がつま先より前に出すぎる スクワットの動作で膝がつま先より前に出すぎる 筋トレ(重いものを引き上げるトレーニング)すると腰が痛くなる 脚に棒のように筋肉がついてしまって、メリハリがない ヒップヒンジは大切! ヒップヒンジの動きがどういうものかは「筋トレの要、ヒップヒンジを極める!」を参考にしていただけると、より具体的にとらえていただけると思います。 誤解を恐れず、端折ってヒップヒンジを一言で語るなら、ヒップヒンジは脚の付け根(股関節)を折り曲げる動作と言 ...

ジャンプ

2019/12/23

運動神経をよくする筋トレの心得は?

このページの「運動神経」という言葉は「あの人運動神経がいい」などと使われる一般的な意味で使用しています。神経そのものを筋トレで発達させるような趣旨のページではなく、身体能力を高め自分の運動神経をうまく使うことが趣旨です。 筋トレ初心者のみならず、シェイプアップ・スタイルアップ目的の筋トレ愛好家に、ぜひ優先してトレーニングしていただきたい種目を紹介します。「運動神経がいい」という意味を、例えば体操選手のように筋肉質の身体、力士のように脂肪を蓄えた身体のように極端なものを思い浮かべる人もいるかと思いますが、こ ...

ヒップ

2020/3/22

お尻のシェイプをよくする筋トレ5選

お尻がペッタンコでパンツやスカート姿がイマイチだと悩んでいる方は意外と多いものです。それを克服できる筋トレ5つを紹介します。自分からはそれほど気になるわけではないけれど、男性からも、女性からもお尻は意外と印象深く見られている部位でもあります。逆に、ここさえかっこよければ他の部位が未完成でも他者にいい誤解を与えることができる部位、それがお尻まわりです。 本ページはこんな方におすすめ お尻が不恰好に大きい お尻がペッタンコで不恰好 お尻を丸くしたい プヨプヨのお尻にサヨナラしたい 格好よく階段を上がりたい ア ...

ザーチャースクワット

2020/4/12

ザーチャースクワットでへこたれない体幹を磨く

本ページはこんな方におすすめ バーベルスクワットすると手首が痛くなる お腹まわり(体幹)が弱い 腹筋に自信がない 筋肉はついてきたけど、イマイチ普段の姿勢がよくない 手首が硬くて、フロントスクワットがつらい ハムストリングスより大腿四頭筋を鍛えたい 体を起こしたスクワットでバリエーションをつけたい スクワット運動がマンネリ化しつつあるので脱却したい スクワットは、お尻まわり、身体の後ろ側のシェイプアップに有効な種目ですが、それはいわゆるバック・スクワット(前傾姿勢を残して、上下運動するスクワット)のお話で ...

レッグ・レイズ

2020/3/26

気になる下腹部をレッグレイズでしっかりシェイプアップ

有酸素運動をトレーニングに組み込んだりはいいけど、おなかの下の方がまだポッコリしている、これを何とかしようと腹筋運動をするのはいいけれど、効果が出ない。ここでは、そんな方にも有効なレッグレイズを紹介します。 本ページはこんな方におすすめ 筋トレビッグ3には消極的だけど、とにかくおなかまわりを引き締めたい おなかまわりの筋肉が弱いので、姿勢がどうしても悪くなる 猫背を少しでも改善したい レッグレイズで下腹部をシェイプアップ、強化しよう 腹直筋下部を鍛えることができるトレーニングはそれほどありません。ピンポイ ...

2020/3/26

ボックススクワットでセットを安定させよう

スクワットには様々なバリエーションがありますが、膝への負担を恐れて積極的に行えないなど、人によっては敬遠する方もいます。そのような方には、スクワットでしゃがみ込んだお尻の位置に、適当な大きさの箱を置いてしゃがむ深さを補佐する、ボックス(椅子)スクワットがお勧めです。形式上ボックスといっていますが、実際にはジムにあるベンチを利用します。本稿では、バーベルを担いだ状態で行うボックススクワットを紹介します。 本ページはこんな方におすすめ 膝が弱いのでしゃがむという動作に不安がある スクワットでバランスをとるのが ...

© 2020 筋トレックス