スクワット ハムストリング 大臀筋 筋トレ

スクワットのしゃがみの深さについて考える

投稿日:

ハーフスクワット


膝と脛で直角ができるまでしゃがむスクワットです。ハムストリングス(太ももの裏)や大臀筋(お尻)にはほとんど負荷をかけず、大腿四頭筋(太ももの表)にターゲットにして効果的に鍛えることができます。軽いウエイトを扱う場合に限り、大腿四頭筋まわりにターゲットを絞れ、比較的に気軽に行えるというメリットがあります。
一方、高重量になると、骨盤の前傾をコントロールできずバランスが悪くなり、負荷が膝と腰に抜けてしまいます。つまり、膝と腰に負担がかかり、関節の故障リスクが高くなるスクワットです。

クォータースクワット

ハーフスクワットの半分の角度(膝関節が45°)でしゃがむクォータースクワットは、どちらかといえば準備体操的なもので筋トレ効果はあまりありません。重いウエイトを担いで、ちょっと膝を曲げてみようと動けば、ほぼクォータースクワットになっています。実際のスポーツや日常生活では、このあたりの膝関節の角度が頻繁に使われますので、筋力トレーニングとしてより、負荷を少なくしてフォームをマスターすることに意味があります。

フルスクワット

パラレルスクワットより、深くしゃがみます。股関節が膝関節より低くなるようにしゃがめばフルスクワットになります。可動域が広いことが最大の特徴で、大腿四頭筋のみならずハムストリングスや大臀筋にも満足に刺激が届きますので、筋トレ、シェイプアップ効果が最も期待できるスクワットになります。

フルボトムスクワット

フルスクワットよりさらにしゃがみ、お尻が床につくぐらいまでしゃがみます。股関節の可動域を稼ぐ(フルレンジ)という目的であれば、フルボトムが最も優れているということになります。身体の柔軟性や個人の骨格の微差を考えると、誰でもできるスクワットというわけでもありません。
パラレルスクワットやフルスクワットに比べて高重量を扱いにくいのも特徴です。大臀筋まわりにはよく効くという長所がある一方、フルボトムまでしゃがむとハムストリングスへの負荷が抜けてしまい、大腿四頭筋に負荷が移るため、全体として筋肉の緊張を保つのが難しいという短所もあります。

センセ
フルボトムをどうしてもやってみたいという人で、身体が硬くてどうしてもその姿勢がとれないという方は、踵の下に5センチ角のゴムブロックを置けば、身体をフルボトムの位置まで沈み込ませることができると思います。ただし、ここまでしてフルボトムを行うメリットは大きくありません。トレーナーなどを目指している方が一通り体験しておく程度にとどめておいてかまわないと思います。
スポンサーリンク

心斎橋 美脚・美尻専門パーソナルトレーニング navis

専門性のある質の高いオリジナルメソッドで多くの女性の美脚・美尻をつくってきたという、美脚・美尻専門をうたうトレーニングジム「navis」は、その名の通り下半身をキレイに鍛えることを主目的としたジムです。上半身はどうなのかといえば、下半身をしっかりさせてしまえば、上半身はそれにつられて必要な分鍛えられるので、わざわざ意識しないということでしょう。
メソッドとしては、正しい姿勢の取り方や足裏へのアプローチに視点を置き、筋トレやインナーマッスルを鍛えることを中心としたもので、見た目の変化を実感しながら続けられる工夫がされています。自分で頑張っているのに結果が出ない、理想のカラダになれないと悩んでいる方でも、パーソナルトレーニングジムだと心配は無用です。リーズナブルな値段ですが、効果を実感できなければ全額返金保証するという良心的でもあります。

ジムの所在地が大阪「心斎橋駅」クリスタ長堀北7出口より徒歩1分と、通える方にとっては好アクセスな場所にあります。スタッフ(トレーナー)は男性も多いので、男性でも「美脚・美尻」を目指したい方はお手頃料金と相まって入会希望者も多いと思うのですが、利用者の年齢層が30代~50代の女性で、男性はほぼゼロということのようです。本サイト「筋トレックス」でも、とりあえず「女性専用」ジムとして紹介しておきます。男性でも入会&美尻メイクにチャレンジしてみたい方は、とりあえず連絡して聞いてみるのもいいかもです。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

プランク 1

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

2

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

3

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありま ...

4

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

5

ダイエットをかねて筋トレを行う際、継続するためには気分転換も含めてアウトドアしたりさまざまな工夫が必要になってきます。何の工夫もせずに同じトレーニングばかりを長期間続けてしまうと、身体と脳がそれに馴染 ...

6

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

ヒップアップ 7

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

8

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

FAQ 9

一言形式のQ&Aです。

-スクワット, ハムストリング, 大臀筋, 筋トレ
-, , , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.