ウェア グッズ

ジムでの服装に気をつけるべきこと

投稿日:2017年11月29日 更新日:


ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ抑えておけば、あとはあり合わせの格好、洗濯が間に合った服装で大丈夫です。
ぼやけたことを述べていても始まらないので、具体的に見ていきましょう。
本稿ではパーソナルトレーニングジムではなくて、普通タイプのジム利用を前提としています。(パーソナルトレーニングジムの場合、バスタオル等はレンタルできることが多いと思います。)

用意するアイテム

ジムでシャワーが設置されていてそれを利用する方、ヨガマットを中心に利用する方、ウエイトトレーニング、マシン、プールを利用する方など、多少のアレンジは必要ですが、まず、マストアイテムと補助アイテムについて見てきましょう。補助アイテムも忘れたらやむを得ないとはいえ、実質上、マストアイテムと考えて良いと思います。

マストアイテム(絶対必要)

  • スポーツウェア
  • シューズ
  • 水着(プールがある場合)

補助アイテム(あった方が良い)

  • タオル
  • 水分補給のためのドリンク
  • 着替え

スポーツウェアは動きやすいものであるかぎり、清潔感さえあれば幅広く選択して良いと思います。露出の多い服装は、異性(場合によっては同性)を不快にさせない限り認められると思いますが、外国のジムほど国内のジムは許容範囲が広くありませんので、程々に加減する必要があります。
ただし、スポーツウェアであっても、異臭のするもの(不衛生なもの)、不快なペイント(特定の団体を誹謗するようなもの)があるもの、破れたもの(汚く見えるもの)はやめるべきです。
シューズは運動用のシューズであればどれでも問題ありませんが、スポーツサンダルなどは好ましくありません。ビジネス用の革靴はたとえメーカーがランニング可能とうたって販売しているものであっても、まわりで真剣にトレーニングしている人を不快にさせますのでやめましょう。
水分補給のためのドリンクは、缶容器よりペットボトルなど「フタ」のついた容器入りのものがお勧めです。缶容器タイプは、倒したり、倒されたりした場合は迷惑になりますので、その点だけは気をつけてください。

ワカゾー
ニオイ対策として香水をつけてフィットネスするのは反則です。体臭が気になる方は、フィトネス前に軽くシャワーを浴びて、後にしっかりシャワーを浴びるなどして清潔にすることをまず心がけてください。
スクワットなどをするとき、額から浸るほど汗が流れ出る方はコットン製のキャップ(帽子)を用意して汗止めとして使うのもお勧めです(ハチマキみたいな汗止めでもよいと思います)。
rex

選択の基本

前提条件として、海外ならともかく、日本ではファッション性が高くてもタトゥー(入れ墨)を入れている方は、その部分は隠れるサイズ(もしくは長さ)のウェアを選びましょう。

シャツ・パンツ・シューズの基本3セットを着用すれば何ら問題はありません。とは言っても、最低限のセットに過ぎないので、靴下とスポーツ用の下着は着用するようにしてください。特に女性の方は、明らかにスポーツ用でない下着がシャツやパンツから透けて見えたりすると、たとえ美しくても不謹慎に見られますので注意してください。男性も、スカスカ下着のトランクスにハーフパンツという格好はよろしくないので、ジムでトレーニングをするときだけは、ブリーフのような運動に適した下着を着用してください。

有名フィットネスブランドのウェアを選ばなくても、ユニクロ系でサッとまとめても問題ありませんよ。まじめにフィットネスすれば、ウェアの消耗も激しくなるのでコストも重要ですね。
アネゴ

シャツ

シャツは長袖でも半袖でもかまいませが、ファッション性が高くてもタトゥー(入れ墨)を入れている方は、その部分は隠れる長さのものを選びましょう。着圧ウェア(コンプレッションウェア)など流行のものもありますので、好みで選んでよいと思います。長袖にハーフパンツという組み合わせも問題ありません。ただし、シャツに大きな柄があるものやペイントがあるものは、内容によっては好ましくないものもあるので注意してください。海外のジムでは特定国の国旗やシンボルカラーを着用するとダメというところもあるようです。ミュージシャンが愛用するような金具のついたシャツは、もちろん安全面からジムで着用するのは好ましくありません。素材は可能な限り吸湿性の良いもの、速乾性のものが実用的ですが、汗(水分)で下着が透けてしまうものは注意をしてください。透けなければ、色も選択自由です。透ける場合は、透けても人を不快にさせない下着やサポートタイツを着用するなどの工夫が必要です。身体に張り付くようなピタっとしたものは、国内でも市民権を得ていますので気にせず着用して大丈夫です。

  • 個人的なオススメ
  • 色 グレーの無地
  • 素材 コットン

パンツ

前提条件を抑えていれば、ロングパンツでもハーフパンツでも問題ありません。ロングパンツの場合は、裾が長すぎるものは運動が行いにくいのでわざわざ選ぶ必要はないと思います。女性の場合はスポーツ用のサポートタイツなどを利用するのもお勧めです。

シューズ

運動ができるシューズであれば何でも良いのですが、ビジネスシューズに運動靴の機能を組み込んだもの、登山用のトレッキングシューズ、スポーツサンダルなどは動きやすいとしても、好ましくありません。前者の二つは、路面ではある種のパフォーマンスを発揮しますがジムのツルツルの床の上では、そのソールが床に傷をつけたりする可能性もあります。スポーツサンダルは希に使用している人もいるのですが、踵部分に不安のあるデザインであるため、器具に足を挟んだ際などの危険性から避けた方が無難です(まわりが危険・不快と思う格好といえると思います)。

シューズそのものは裸足で履いても良いのですが、素足から汗を吸収したシューズは次第に匂ってきますので、衛生面でも着用することをお勧めします。

靴底・サイズなどを選ぶコツ


シューズはサイズの合ったものを選んでください。これはトレーニングを継続するために必要な要件です。ジムでランニングマシンをメインで使う方は、厚底(クッション性の高い)ランニングシューズで良いのですが、ウエイトトレーニングがメイン(デッドリフト主体)の方は厚底より薄底のものの方がお勧めです。特にウエイトを扱う際は、床に根を張って踏ん張るという点が重要ですので、裸足に近い間隔で履けるシューズを選ぶのもトレーニングを継続するためのコツです。デッドリフトを特に好んで行う方はコンバース(ショートカット)などのしっかり踏ん張ることのできるシューズを用意する方が無難です。ランニングと筋トレの両方を無難にこなしたい方は、ランニングシューズと簡単に持ち運べるマリンシューズの両方を用意して履き分けるのもよいと思います。

ランニングマシンがメイン 厚底(クッション性が高い)シューズ
ウエイトトレーニングがメイン 衝撃吸収用のクッションが無い(底が硬い)シューズ
デッドリフト主がメイン 底が硬くて平坦なシューズ
スクワットを良く行う方は、踵が高いシューズを選択するのはかまいませんが、底が柔らかいランニングシューズは控えた方が安全です。踵が高くて硬さのある靴は比較的高価ですので、踵の高さを抑えた底の硬いシューズで代用するのもいいと思います。ウエイトトレーニング主体の方は、踵の高さより、踵の硬さに注意して目的に合わせて選んでください。
センセ

水着

プールのあるジムに通う人は、やはり一泳ぎするトレーニングをメニューに加えた方が爽快だと思います。水着はピーチ用の見せる水着以外なら大丈夫ですが、ある程度の大人であれば競技用の水着にした方が良いと思います。
女性は、ビキニ以外のもので、いわゆるフィットネス水着の中から選択するのが無難です。ワンピースでも、セパレーツでも、オールインワンでもかまいません。お勧めなのは男性も女性も、オールインワンタイプの水着です。見た目も肌の露出が少ないだけでなく、上手く水の抵抗を流してくれるので、泳ぎが上達した感覚を味わいやすいのです。
サイズ選びですが、水着に関しては水中で伸びることが前提ですので、実寸採寸サイズは着用時に比べて小さくなっています。つまり、伸縮性やカットの違いを考慮すれば、床置きの採寸サイズはあまり参考にならないこと、試着できる場合は、ユルユルのサイズは決して選ばないこと、陸上では少しキツイかなというサイズを着用しないと水中では機能してくれません(脱げたりします)のでご注意を。男性の場合はウエストサイズを中心に、女性はバストサイズを基準にして選択していくと、自分の身体に合ったものを比較的はやく見つけることができます。

トレーニング用の水着は少しきつさを感じるサイズを選ぶ

ゴーグル

プールで泳ぐ際は、目を保護するためにもゴーグルは着用した方が良いです。ゴーグルは「クッション付き」と「クッション無し」のモデルがありますが、競泳選手のように泳ぎ慣れた人以外は「クッション付き」を選択しましょう。「クッション無し」モデルはフィット感が抜群でズレにくいというメリットがある一方で、外したときにメガネの痕が目のまわりにしっかり残るくらいきつめです。ジムで飛び込みを許可しているところは少ないと思いますので、「クッション付き」の方がお勧めです。
ただし、本気でタイムトライアルのごとく速く泳ぐつもりの方、トライアスロンの練習としてプールを使用される方は、「クッション無し」モデルを選択する値打ちはあります。というのも、ある程度の上級者にとっては、緩いゴーグルは泳いでいる間に水流抵抗でズレてしまい使い物にならないからです。各自のレベルに合わせて選ぶと言うことになりますが、始めは緩いもの、上達するときつめのものにグレードアップするのが現実的です。

ゆっくり、しっかり泳ぎたい方 クッション付き
速く距離を泳ぎたい方 クッション無し

水泳キャップ

髪を伸ばしている男性や、女性は水泳キャップをしてプールに入るのがエチケットです。このくらいの長さの髪なら大丈夫と、自分に甘く判断するのは控えましょう。
髪はそれほど長くはない方で、水に入るのが主目的であれば「メッシュキャップ」を一つ持っておけば大丈夫でしょう。比較的安価で通気性が良く、すべての年齢層で使えます。ただし、緩くて脱げやすいので長時間泳ぐ方には向きません。
本格的な水泳をするなら「シリコンキャップ」がお勧めです。シリコンのみで作られていて、伸縮性は良く防水性が高いのが特徴です。髪を染めている方、髪をぬらしたくない女性、水泳上級者を含め
、幅広い層から愛用されています。防水性が高い半面、通気性が悪くて蒸れ感があるのが欠点です。
あと水着と同じように伸縮する生地を使った「ツーウェイキャップ」は、かぶりやすさで抜群で窮屈感も少なく快適ですが、防水性はなく、水泳中に脱げ安いという欠点もあります。
「ツーウェイシリコンキャップ」は中はテキスタイル(ツーウェイキャップ)生地にシリコンでコーティングする事でかぶり易く防水性が高いというメリットを取ったキャップです。キャップ際の所はフィット感がやや低めの為、完全防水は期待できません。
トータルで、とりあえず「泳ぐ」という目的が入るのであれば「シリコンキャップ」を選んでおくと良いと思います。

メッシュキャップ 脱げやすいが、通気性は良い
シリコンキャップ 伸縮性・防水性が高く脱げにくい
ツーウェイシリコンキャップ 防水性は高いが、少し脱げやすい

トレーニング形態で選んでみると

効率よく快適にトレーニングを行うために、具体的なお勧め構成があります。ジムの設備を満遍なく使う方は、その日のメイン種目を決めて服装を選べば良いと思います。ジムで何をするか決めている方は、それに特化した服装をメインにすると良いでしょう。

有酸素運動系 トレッドミル(ルームランナー)、エアロバイク、水泳等
スタジオ系 スタジオエリアで行うもの、ヨガやダンス等
ウェイトトレーニング系 フリーウエイト(バーベルやダンベル)を使っての筋トレ、ベンチプレス等
マシーン系 マシンを使っての筋トレ等

有酸素運動系

エアロバイクやルームランナーをメインに行う方は、自分の汗を拭くためのタオルと水分補給のペットボトルなどを持参することをお勧めします。吸湿性や速乾性の良い素材でできた服装の方が快適です。速乾性の素材は必ずしも快適とはいえないので、飽きたら吸湿性のよい素材も試すと良いと思います。いずれにせよ、着替えは用意しておいた方が良いと思います。と

ヨガ・ダンス・エアロビ系

伸縮性に優れた服装が原則ですが、ヨガがメインの場合はゆったりした服装が好まれることがありますので、通うジムの利用者の服装を参考に選ぶと良いと思います。ゆったりした服装であっても、下着がキツく締めているとリラックスできませんので注意してください。
身体をストレッチした際に、身体を突っ張らせない、きつくない服装(および下着)でないと支障が出ます。ヨガはシューズは必要ないと思いますが、ダンス・エアロビ系は俊敏に動ける裸足に近いシューズの方が快適です。

ウェイトトレーニング系

基本ウェアに加えて、タオルを持参することをお勧めします。汗を拭くと言うより、人が使用した後のマシンを拭くため、自分が使用した後のマシンを拭くためです。ベンチなどに敷いて使用するのも良いと思います。フリーウエイトをメインに行う場合は、握力を補佐するグローブなどの小物もありますが、各自のトレーニングの進展具合に合わせて、必要なものを順次入手するのが良いと思います。

マシーン系

上の「ウェイトトレーニング系」と「有酸素運動系」のアイテムが必要なことと、ウエイトトレーニングマシーンを使う方は、肌と器具が密着する部分は可能な限りワンクッションある方が、衛生的に好ましいので、少し長めの袖、長めの裾のウェアを着用するのが好ましいです。

まとめ

必要、ほぼ必要なアイテムと選択の注意点をざっとまとめるとこうなります。

シャツ 袖の長さに注意
パンツ 裾の長さに注意
シューズ 軽いものを選ぶ
水着 ゴーグル、キャップ、バスタオル
タオル 2枚あれば便利
スポーツドリンク 各自の好みで選択(ペットボトル容器奨励)
着替え 清潔な下着と靴下

あと、トレーニング後シャワーを浴びる方は、シャンプーや化粧水なども必要かもしれませんが、マストアイテムとまで言えないので、各自の必要性に合わせて用意してください。
アイテムは他人を不快にさせるものであってはいけないこと、アイテムの置き忘れ(とくに飲みかけの飲料)などもジム利用の重要なポイントです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

ヒップアップ 1

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

プランク 2

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

ナマケモノ 3

まじめな方は、毎日トレーニングを行って筋力アップ、健康維持のようなルールを自分で決めて実行してしまうのですが、筋トレに限っていえば、上手く怠けることが大切です。連続して身体を酷使すれば、身体は傷むだけ ...

4

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

FAQ 5

一言形式のQ&Aです。

バックランジ 6

美尻という言葉はエステなどで最近、当たり前に耳にするようになりました。肌の美しさ、形の美しさの両方をバランス良く兼ね備えてこその美尻だと思いますが、本ページでは形の美しさの方に力点を置いています。 下 ...

-ウェア, グッズ
-, , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.