ジムでの服装に気をつけるべきこと


ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ抑えておけば、あとはあり合わせの格好、洗濯が間に合った服装で大丈夫です。

本ページはこんな方におすすめ

  • ジムで着用すべき普通の服装が知りたい
  • ジムで着用すべきで無い服装が知りたい
  • ジムに何を持って行くのが普通なのか知りたい

それでは、具体的に見ていきましょう。
本稿ではパーソナルトレーニングジムではなくて、普通タイプのジム利用を前提としています。(パーソナルトレーニングジムの場合、バスタオル等はレンタルできることが多いと思います。)

用意すべきアイテム

ジムでシャワーが設置されていてそれを利用する方、ヨガマットを中心に利用する方、ウエイトトレーニング、マシン、プールを利用する方など、多少のアレンジは必要ですが、まず、マストアイテムと補助アイテムについて見てきましょう。補助アイテムも、実質上、マストアイテムと考えて良いと思います。

マストアイテム(絶対必要)

  • スポーツウェア
  • シューズ
  • 水着(プールがある場合)

スポーツウェアは動きやすいものであるかぎり、清潔感さえあれば幅広く選択して良いと思います。露出の多い服装は、異性(場合によっては同性)を不快にさせない限り認められると思いますが、外国のジムほど国内のジムは許容範囲が広くありませんので、程々に加減する必要があります。
ただし、スポーツウェアであっても、異臭のするもの(不衛生なもの)、不快なペイント(特定の団体を誹謗するようなもの)があるもの、破れたもの(汚く見えるもの)はやめるべきです。
シューズは運動用のシューズであればどれでも問題ありませんが、スポーツサンダルなどは好ましくありません。ビジネス用の革靴はたとえメーカーがランニング可能とうたって販売しているものであっても、まわりで真剣にトレーニングしている人を不快にさせますのでやめましょう。

補助アイテム(あった方が良い)

  • タオル
  • 水分補給のためのドリンク
  • 着替え
水分補給のためのドリンクは、缶容器よりペットボトルなど「フタ」のついた容器入りのものがお勧めです。缶容器タイプは、倒したり、倒されたりした場合は迷惑になりますので、その点だけは気をつけてください。

ワカゾー
ニオイ対策として香水をつけてフィットネスするのは反則です。体臭が気になる方は、フィトネス前に軽くシャワーを浴びて、後にしっかりシャワーを浴びるなどして清潔にすることをまず心がけてください。
スクワットなどをするとき、額から浸るほど汗が流れ出る方はコットン製のキャップ(帽子)を用意して汗止めとして使うのもお勧めです(ハチマキみたいな汗止めでもよいと思います)。
rex

スポーツウェアのチェックポイント

不衛生なもの、不衛生に見えるもの、不快なペイントがあるものはさけるべき。
スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-ウェア, グッズ
-, , , ,

© 2020 筋トレックス