アクアエクササイズで美ボディと筋力を維持しよう

2019年8月2日

アクアミットによる水中歩行

水位の低い(腰より下に水位が来るくらいの)プールの中を快適に歩けるようになったら、さらに水位の高い水の中にチャレンジしましょう。胸までつかる水位でも、歩きながら、腕をしっかり振るようにします。背中をまっすぐに保ち、腹筋にしっかり力が入るように、前かがみになりすぎたり、横に傾きすぎないようにコントロールしながら歩きましょう。(注:上の図では水位が高めですが、初めは腰ぐらいの水位から始めてください。)

アクアウォーキングの最中にプールの真ん中で疲れてしまった、かといってプールから出て休憩というほどでもないときは、両足の間でプールスティック(ウォーター・ヌードル)を挟んでプールに浸かりながら休んでも構いません。また、水に慣れない方は、スティックをはさみながらウォーキングすれば、浮力のおかげで少しばかり楽に歩けるはずです。プールスティックを挟み込む際は、ステックの後ろが前より高い位置に来るように挟むようにしないと、前方にはうまく動けないので注意してください。さらに、泳げないと自負している人でプールの真ん中で休憩したいと思う人は、浮遊ベストまたはフロートベルトの着用するのもいいと思います。手や腕を水中で動かすときに水の抵抗が逃げてしまう人は(さらに増やしたい人は)、アクアミットを着用するのがお勧めです。歩きにくい人はウォーターシューズも併用すると、プールの底に少しではあっても、足がグリップしますので滑らかに歩くことができるようになります。
ネネ
さらにもっと水位の高いプールを利用すると、もっとウォーキングをの負荷は高くなります。ある程度の現状に慣れてきたら、水位の違うプールを選ぶだけで、体感する負荷が別物になりますのでぜひ試してください。プールスティックは品物によって浮力が大きくかかるもの、比較的に沈めやすいものなど種類があります。個人のレベルに応じて合ったものを利用しましょう。

アクアミットを使った腕の運動

腕も水中でしっかりシェイプアップと筋トレを行えます。アクアエクササイズで効率よく上半身を鍛えてみましょう。腰までプールに浸かり両腕で水をかき混ぜる動きをするだけで、腕に大きな負荷をかけることができます。それでも、慣れてくると負荷に物足りなくなるのでアクアミット(グローブ)を利用しましょう。
アクアミットは水中で上腕二頭筋と上腕三頭筋を強化するのにとても役立つアイテムです。アクアミットをつけて、腕を下にして手のひらを前に向けてそして肘を体に近づけて腰まで水位のあるプールのなかでポジショニングを取ります。

肘を体に近づけ、手首をまっすぐに保ちながら、前腕を水面まで(もしくは胸の高さまで)上げます。それから方向を切り替えて、腕が再びまっすぐになるまで手を押し下げます。きつく感じるまで12から15回ほどを目安に繰り返します。(注:上の図では水位が高めですが、初めは腰ぐらいの水位から始めてください。)

  1. 手のひらを前に向けて、肘を身体に近づけ下におろします
  2. 手のひらを前に向けて、水を大量につかむように、肘を軸に前腕を持ち上げます
  3. 手のひらを後に向けて、水を大量に押し込むように、肘を軸に前腕を戻します
  4. きつく感じるまで12から15回ほどを目安に繰り返します

手のひらを前に向けるか後ろに向けるかで、鍛えられる筋肉が微妙に変わります。

ミットは泳ぐ時に水をしっかりつかむためにも強力なアイテムです。泳げる方は試してみてください。
ハンナ
スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-アクアエクササイズ
-, , , , , , ,