バーベル膝立ちスクワットでお尻まわりの肉を締める - 筋トレックス

ダイエット ハムストリング 大臀筋 筋トレ 股関節屈筋群

バーベル膝立ちスクワットでお尻まわりの肉を締める

投稿日:

スクワットは筋トレのBIG3の代表格で人気種目で、そのバリエーションの多彩さもその一因をになっていると思います。今回は、スミスマシンを用いて、膝関節を痛めるリスクを抑え、身体の後ろ側の筋肉をシェイプアップするのに有効な「バーベル膝立ちスクワット」を紹介します。

バーベル膝立ちスクワットの概要

バーベル膝立ちスクワットはバーベル・ニーリング・スクワットとも呼ばれて、下半身の膝より下部分を床に接触させたまま、スクワット動作を行う運動です。一昔前は少し流行した感がありますが、バーベル・スクワットができれば、わざわざ行うほどのトレーニングではないという認識の方が多いのではないでしょうか。筋トレ上級者にとっては、そのような認識もありかと思うのですが、お尻部分にターゲットを絞ってシェイプアップや強化をしたい女性や、スクワットが今ひとつできない初心者には、是非とも行って欲しい種目です。大臀筋と股関節屈筋群を集中的に狙えるバーベル膝立ちスクワットを積極的に取り入れて、下半身のシェイプアップと強化に役立てましょう。

バーベル膝立ちスクワットのやり方

膝立ちスクワットは、必然的に可動域が少なくなりますので、鍛える身体の部分を意識して行わなければ、不要な筋肉を刺激して不格好なボディを作ってしまいがちです。毎度のことですが、フォームをしっかりマスターしてから、どこの筋肉を刺激するためにどのように動くべきかということを意識してください。また、膝頭を保護するために硬めのマットを利用するのがお勧めです(マットは必需品だと思います)。

  1. パワーラックの中で、膝立ちの姿勢でバーベル(バー)を肩の位置にセットします。
  2. マットの上に膝を置いて、バーベルを両肩に担ぎます。
  3. 体幹(お腹)に力を入れ、お尻の力を使いお尻部分を前方に動かして、バーベルを持ち上げる動作を行います。
  4. 持ち上げ終わりには、お尻に力を入れてお尻を締めます。
  5. ゆっくりと、ウエイトの負荷を逃がさないように注意しつつ、バーベルを戻す動作に入ります。上半身がぐらつかないように(背中が丸くなったりしないように)しっかり姿勢を保持し続けながら、バーベルをスタートポジションに戻します。
  6. お尻がふくらはぎに着くまで戻したら、再びお尻の力を使ってバーベルを持ち上げ、そしてゆっくりと戻します。
  7. これ(3から6までの動作)を8回~12回繰り返します(1セット)。
スポンサーリンク

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

プランク 1

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

2

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

3

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありま ...

4

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

ヒップアップ 5

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

FAQ 6

一言形式のQ&Aです。

ナマケモノ 7

まじめな方は、毎日トレーニングを行って筋力アップ、健康維持のようなルールを自分で決めて実行してしまうのですが、筋トレに限っていえば、上手く怠けることが大切です。連続して身体を酷使すれば、身体は傷むだけ ...

-ダイエット, ハムストリング, 大臀筋, 筋トレ, 股関節屈筋群
-, , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.