オーバートレーニングの兆候を8つ

2018年12月2日

[兆候5]性欲が減衰した


オーバートレーニングで身体的なストレスをかけすぎてしまってホルモンバラスを崩し、性欲を減退させるとの説があります。よく女子マラソンなどが例として挙げられますが、これは筋トレにも当てはまるとされています。原則として、ほどほどの運動量であれば、主要な男性ホルモン(男女ともに分泌される)のテストステロンは高くなる傾向にあります(つまり、性欲は高くなる)。一方で、長時間にわたり激しいトレーニングを行った場合、その後長期にわたってテストステロンの分泌量が減る傾向にあるというノースカロライナ大学の研究があります。この研究はあくまでアンケート調査をまとめたもので、いわゆる臨床実験のような厳密なものではなく、鵜呑みにする必要はまったくないのですが、一応そのようなことを指摘する見識者もいることは知っておきましょう。

ニィ
強すぎる性欲に悩んでいる方はトレーニングに打ち込む(昇華させる)ことでコントロールすることもできそうです。ただし、適切量の筋トレだと逆に高めてしまうので、オーバー気味に行うということにはなります。

[兆候6]筋力を爆発的に解放できない


スクワットを行う際、高重量ではなく低重量であっても立ち上がる動作が無意識に緩慢になってしまう場合は、疲労が蓄積されている可能性を疑いましょう。ウエイトを担ぐことと挙げることだけに集中しすぎていると、意外と動作の緩慢さについては見落としがち、判断を甘くしてしまいがちです。とりあえず、ジャンピングスクワットがしっかりこなせないような状況だと、体調が万全とは言えません。

[兆候7]握力が出せない


デッドリフトのように引く動作が含まれる種目のときに顕著ですが、握るのがイヤでパフォーマンスが出せなくなっているとき、多くの場合は疲労が原因です。

[兆候8]体も心も重く感じる


日常的に疲れていて、歩くのさえだるいという状態でも、ジムに通ってしまうような方は社会的にはすばらしく立派な人であるに違いありれません。身体が重く感じるのは必ずしもオーバートレーニングだけが原因とは言い切れませんが、このような状態のとき自分のためには筋トレをしばらく諦めて療養したほうが良いに決まっています。筋トレは義務ではなく、自己を高めるものですので、そのあたりをしっかり考えましょう。高額なジムの会員で、使わなければ出費が無駄になるなどと考えるのもよくありません。少数回の利用であっても、自分を高められてさえいれば十分なメリットは得られていると考えるべきでしょう。

まとめ

今までの症状に思い当たる節があるなら、しっかり休養して身体と精神を回復させるのが最優先です。無理して精神力だけでトレーニングを続けても、肉体的に得られるメリットはほぼ期待出来ません。
よくある間違いで、一週間に脚トレの日、腕トレの日、胸トレの日、肩トレの日などに分けているので、各部位毎のトレーニングの間は十分に空けていると考えているケースです。この場合でも、すべての部位トレーニングにおいて高重量を扱っている場合は疲労が蓄積します。今週は脚トレは高重量、来週は胸トレを高重量などに分散して身体が回復しやすいメニューを組んでやることも大切です。

関連記事
couple bicep
効率よく筋肉を大きくするコツ

適切な刺激を筋肉と脳に入れているか 運動能力を高める、スポーツで好成績を出すという目的の場合でも同じですが、自分の目的にかなった適切な刺激を筋肉に入れてやることが大切です。シェイプアップ、ボディメイク ...

関連記事
ベンチプレスを胸にしっかり効かせよう

ベンチプレスの動作中のチェックポイント 呼吸をしっかりコントロールしているか 肘を絞っているかいないか 切り替えし方を考えよう ベンチプレス中に呼吸をしっかりコントロールしているか 呼吸に関しては、バ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

-テクニック, 筋トレ
-, , , , , , , ,