インナーマッスル スクワット テクニック ハムストリング 体幹 大臀筋 筋トレ 股関節屈筋群 腹筋

バリエーションで攻めるバーベルスクワット

投稿日:2018年8月31日 更新日:

スクワットには様々なバリエーションがあることは知られていますが、ここではバーベルスクワットの中で下半身のスタイルアップ・シェイプアップに役立つアレンジを中心に見ていきます。

これから紹介するバリエーションは、リズムを変化させて相対的に負荷をかけるスクワットを2つ、それに加えて椅子(もしくはベンチ)を補助的に使うものを1つ、足幅を変えるものを1つです。この少ないバリーションの組み合わせだけでも、負荷が面白いほど変わるので、ぜひ自分がマスターしたスクワットを必要に合わせてアレンジしてみてください。

本ページでは、基本的なバーベルスクワットのフォームはマスターしている、あるいは注意点は理解していることを前提にしています。まだ基本的知識が十分でない方は、あらかじめ前回の記事「初心者が極めるバーベルスクワット」を一読していただいた上で、本記事をお読みいただけたら幸いです。

ストップスクワット


ポーズスクワットとも呼ばれます。通常のスクワットで、最下部(ボトム)で数秒完全静止してから、爆発的に切り返します。数秒が長く感じるならば1秒ほどのストップでも大丈夫です。ストップ(ポーズ)を挟むことにより、バーベルの重さがお尻まわり(大臀筋まわり)を直撃します。このため、多くの人は普段のウエイト以上にきつく感じるはずです。きつく感じすぎたら、大幅にウエイトを減らして軽くしてストップの秒数を長くできるように調整します。ただし、数秒以上長くするのは禁物です。

狙える効果

  1. お尻まわりの強化
  2. 柔軟性の向上
  3. 体幹強化
  4. フォームの改善

しゃがみ込んだ最下部で止めるので、勢いでしゃがみ込んで一瞬だけその姿勢を見せるようなごまかしはできず、しっかり柔軟性を持ってしゃがみ込む必要があります。
さらに、ボトムという最も負荷がのろ位置で姿勢を維持するために、体幹の関与が増大し、嫌でも体幹が鍛えられます。ストップ(ポーズ)の時に安定するかどうかで、フォームに問題ないかの確認ができます。例えば膝の位置に左右差ができて不安定になっていたり、前後にグラつくなどの症状がある場合はフォームを矯正する必要が出てきます。これらすべてを満足すると、お尻まわりの負荷が適切に増大するので、軽めの重量でもしっかり目的の筋肉に入ります。

センセ
参考ストップ(ポーズ)の時に姿勢が安定しない方は、バーの重心が前後にぶれている可能性があります。その位置でバーをそのまま下ろしたら、横から見て足の真ん中(中足・ミッドフット)部分の位置になっているか確認してください。ジムやトレーニングの場所が許せば、一連のスクワットを動画取りして、フォームをチェックしましょう。1秒静止どころか、コンマ何秒の静止しかできていなかったりと、いろいろ発見がありますよ。
関連記事
初心者が極めるバーベルスクワット

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングジム-24/7 Workout

2ヶ月実施してみて満足出来なければ返金してもらえる、プライベートジム【24/7 workout】。
プライベートジムとしては店舗数業界No2と幅広い地域展開が特徴です。ジムは完全なプライベート空間、完全予約制のマンツーマン指導、プライバシーが守られて、予約制と業界標準のサポートは健全。「美意識が高い系」しか来店しないとうたうだけあって、メインのユーザーは30~40代ですが、もちろん20代や50代もいます(60代以降は未調査です)。
大逆転を目指す極端な肥満の人もいる一方、「一生もののボディを短期間で手に入れたい」といった人が大多数です。どちらかといえば、特に極端なデブでもなくガリでもなく、でも裸になればたるんだボディ大全開という方は、間違いなく肌に合うジムだと思います。

プライベートジムとしてはRAIZAPに次ぐ店舗数業界No2という地域展開が魅力です。田舎暮らしの方は、この店舗数でも不満があるかもしれませんが、仕事の帰りや、休日なら通える方はとりあえず試してみるのがお勧めです。しっかり返金保証もついているので、その点は安心して試してください。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

プランク 1

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

2

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

3

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありま ...

4

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

ヒップアップ 5

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

6

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

FAQ 7

一言形式のQ&Aです。

-インナーマッスル, スクワット, テクニック, ハムストリング, 体幹, 大臀筋, 筋トレ, 股関節屈筋群, 腹筋
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.