スクワット ハムストリング 基本動作 大臀筋 理論 筋トレ 自重

フォームが悪いスクワットの何故を考えてみる

投稿日:2018年4月5日 更新日:

「背中は丸めない」とは

腰から背中、首に至るラインは緩やかにS字カーブを描くのが自然なラインですが、このラインが不自然になってしまうとスクワットの負荷は望まぬ身体の部位に効いてしまいます。特にシェイプアップ、ボディメイキング目的でスクワットを行う方は、効かせたい部位に効かせるフォームで行わないと逆効果になりかねませんので、注意しましょう。

腰背部から丸めてしまうケース


スクワットの動作中は「背中は丸めない」というのは良く耳にすると思います。この表現の意味するところは、背骨(首も含む)のラインを自然(ニュートラル・スパイン)にすることで、曲がるのでも反るのでもなく自然なカーブを描いた状態に保つということです。つまり背骨のカーブが自然でない、凸凹が極端な状態はすべてNGの姿勢です。
背骨を極端に丸めてしまった場合は、腰背部分に応力が集中して腰を痛めるリスクが激増し、腰痛の原因になります。この傾向がある方は、「少し胸を張る」感じで行うと矯正できることが多いです。

腰背部から反らせてしまうケース


一方、背骨を反らせてしまった場合は、上手く前傾姿勢をとることができなくなり、大臀筋やハムストリングスを適切に使えません。その結果、膝を前につきだしてバランスを取ろうとします。そうすれば、膝部分に応力が集中するので、膝を痛めるリスクが高くなります。このどちらでもない、自然な背骨のカーブがスクワットを安全に行うためには必要です。この傾向がある方は、「お尻を後ろに突き出し」、自然と前傾姿勢になるようにすれば、ほぼ矯正できます。
筋力がある方はウエイトが軽い場合だと、背骨のラインを不自然にしても問題なくこなせることが多いのですが、重くすると事故を起こすリスクが激増しますので、初期段階のフォーム習得時に動作中は背中を丸めない癖をつけておくのが、スクワットに取り組む姿勢として適切です。

スポンサーリンク

ライザップ

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ blogramのブログランキング

人気記事

プランク 1

上の写真のようなポーズを見たことがある方は多いと思います。これは自分の体重で腹筋を刺激する体幹トレーニングの1つで、身体をまっすぐ一枚の板のように保つ「プランク/フロントブリッジ」と呼ばれているもので ...

2

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

3

パーソナルトレーニングで真っ先に行われるのが、体重測定で、この数値から何キロまで落とすとベストなのかの目安が立てられます(もちろんその他の数値も参照します)。 何キロ減量したいか必要かは個人差がありま ...

4

スクワットは脚(大腿四頭筋)やお尻(大殿筋・中殿筋)の筋肉を鍛える運動で、工夫次第では腹筋群や背筋群に至る体幹も強化できる筋トレBIG3の一種目です。大きな筋肉を刺激するするため、基礎代謝の向上のみな ...

5

ダイエットをかねて筋トレを行う際、継続するためには気分転換も含めてアウトドアしたりさまざまな工夫が必要になってきます。何の工夫もせずに同じトレーニングばかりを長期間続けてしまうと、身体と脳がそれに馴染 ...

6

ジムの入会した時、どのような格好でトレーニングをするべきか悩む人が、想像以上に多いようです。端的に答えを述べるなら、まわりの人が不快にならない服装であれば、何でも良いです。つまり、ダメな服装・格好さえ ...

ヒップアップ 7

デッドリフトは「BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)」の中の代表的な複合種目の筋トレです。体の背面全体、ハムストリングスから大殿筋に至るまで、脊柱起立筋をメインとして、僧帽筋、広背筋まで ...

8

様々なバリエーションがあるスクワット、行い方によってはシェイプアップにならず、身体全体の線を太くしてしまうこともあるので、本ページではバーベルスクワットの基本から見ていきます。 本ページはエアースクワ ...

FAQ 9

一言形式のQ&Aです。

-スクワット, ハムストリング, 基本動作, 大臀筋, 理論, 筋トレ, 自重
-, , , , , , ,

Copyright© 筋トレックス , 2018 All Rights Reserved.